HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  記事紹介  »  非解像度Macのことを考えてたら行き着いたもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非解像度Macのことを考えてたら行き着いたもの

Retina版MacBookProが出てから非解像度依存Macの幕開けだ!って喜びの声を聞くようになりました。

非解像度依存、解像度非依存と言い方はいろいろありますが、要するに表示するモニタ(解像度)によって見え方(作業領域)が変わらないということ。
一般的にモニタをより解像度の高いものに買い換えると、デスクトップが非常に広いけれど代わりにアイコンや文字が非常に小さくなってしまいますよね?

20120624-1

例えばWindows7ではこのように解像度が上がって文字が見にくければテキストサイズなどを1.25倍大きくして表示するという機能がありますが、
こんな設定を自分でせずに、どんなディスプレイ(解像度)でもいつも同じ見え方に今後なっていくんでしょう。

これまでは自分の好みの見え方を求めて同じ解像度のディスプレイを買ったり、
広い作業領域を求めたために小さな文字に悩まされることがなくなります。


ここまで来ると次に考えるのはディスプレイのサイズに縛られたくないなぁって思いませんか?
普段の持ち運びのために11インチ、普段の簡単な作業のために15インチ、お絵描きなど物理的に広い領域が欲しい人のために27インチと
せっかくOSは解像度に依存していないのに、用途によっていろんなディスプレイのコンピュータを用意するなんてナンセンスじゃないですか?


そこで普及するのはまだまだ先だけど、未来のMac・・・に限らずコンピュータの形を考えてみた。

1.一つのコアモジュールに対して複数のディスプレイを接続
これは一番実現が楽。
例えばノートパソコンのキーボード部だけが存在し、映像の出力先はそれぞれの作業場に置いてあるディスプレイに出力するというスタイル。
OSは非解像度依存なため、どんなディスプレイに接続しようが問題なし。
一つの頭脳、データをいつも持ち歩いているため、ライセンスとか難しい問題も気にしなくていい!
ちなみに出力先をヘッドマウントディスプレイのようなものに表示することで、外で作業してても画面をのぞき見される心配もなし!
ただ・・・キーボードだけ置いて、なんかカタカタやってる姿は周りの人から見たら不思議な光景かもしれませんねw

2.空中ディスプレイでディスプレイサイズを可変に
個人的にはこの方向性に向かって欲しいなぁっと思っています。
今回の課題はディスプレイが物理(ハード)的に存在するもので、その形が変わらないのが一番の問題です。
ならば、ディスプレイそのものがハードでなくなれば、その大きさを自由に変えられるのではないか?
この考え方で行き着いたのが空中ディスプレイです。

空中ディスプレイってSFとかアニメの世界で実在しない技術でしょ?っと思っている人!
そんなことはありません。身近になるには少し時間はかかりますが、空間ディスプレイ自体はすでに存在します!

fVisiOn
http://urv.nict.go.jp/member/shun/fVisiOn/fVisiOn_j.html



空中ディスプレイ
http://aerialimaging.tv/index.html





いずれもなんらかの形で作り出した映像を虚像として空中に投影する技術です。
虚像なので、レンズや焦点距離など光学系を変更できるように構成することで、その大きさを自由に変えることができる(はず)。
しかもこれは光学系で大きさを変更するので電気の消費量は大きく変わらない(はず)。
つまり、11インチだろうが、27インチだろうが、光学系で再現できるサイズの範囲であればバッテリーの消費量は変わらないというのが大きなメリットになるだろう。

キーボード部と小型の投影ユニットだけで、そのときに必要な大きさのディスプレイを自由に出せる・・・
まさにSFの世界でしか見たことがない技術ですねw
『fVisiOn』は実際にデモを見たことがあり、目の前でテーブル上を踊る初音ミクの3D映像に驚きましたw
まだぼやぼやの映像とは言え、360度どこから見てもちゃんとそこに立体があるように見えるのはホントにすごいですよ。

ただビデオを見てもらったら分かるとおり、今は裏側に大きな装置があって、いずれも原理が正しいか実証するための予算度外視の技術です。
なのでこれらが私たちの身近な製品にまでやってくるには数年はかかるでしょう。
コンピュータメーカーのどこかがこの技術は面白い!と本格的に乗り出してくれないだろうか?
そうすれば製品化が加速するのは間違いないんだけどね(´・ω・`)

Windows8およびMac OS Xいずれも非解像度依存の道を進んでいるので、その考え方にあった新しいディスプレイの提案が近いうちにされることを私は期待しています!

PS.
ちなみにこの記事を書いていて思ったんですが、私が小さい頃に夢見ていた21世紀って、こういう空中ディスプレイとか空飛ぶ車がある世界だったなぁw
21世紀になったら誰かが作ってくれていて、その恩恵を受られるはずだったのに、気がついたらその夢を叶える側の人間になっている現実w
自分の子供の頃の夢を叶えるためにがんばらないとですねw

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Retina版MacBookProが出てから非解像度依存Macの幕開けだ!って喜びの声を聞くようになりました。非解像度依存、解像度非依存と言い方はいろいろありますが、要するに表示するモニタ(解像
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

otika

Author:otika
名前:otika
出身地:京都
自己紹介:
しがない企業のプログラマー。
ゲーム、ガジェット好きなので、それ関係のお話をメインに書いていきます。

【持ってるガジェットたち】
*iPhone4
*iPad2
*Macbook Air
*Dynabook Qosmio FX77G
*TimeCapsule

*PSP-3000
*PSP-3000 ハンターズモデル
*PSP go
*3DS
*DSi LL
*DS lite

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
記事リスト
(工事中)ユーザタグの記事リスト
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
購入予定のゲーム

やっとPS4が活躍するソフトが出る!期待が膨らみます


まさかのコラボレーション!?これがホントのダンジョンRPG


ドラクエシリーズ初の音ゲー!あなたはFF派?ドラクエ派?


ゴッドイーターシリーズ最新作。あとから完全版が出てくるなら次回からは…


デモンズソウルの恐怖再び…キミは死にゲーのストレスに打ち勝てるか?


Wii唯一?の名作RPGが3DSで!遊びごたえは抜群の作品!


もはや最後の王道RPGかもしれないゼノシリーズの最新作!


スパロボシリーズの最新作。このシリーズもいつまで続くんでしょうね?


前作の悪いところをきっちり直してきているはずなので良作の予感
検索フォーム
リンク
Apple-Style Plus
ApplePeople
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。