HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  パズドラ  »  パズドラから学ぶ課金ゲームの作り方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パズドラから学ぶ課金ゲームの作り方

20120602-1

ここ4ヶ月近くパズル&ドラゴンというiPhone/iPadアプリのゲームで遊んでいます。
AppBankやファミ通が異様なまでに特集記事を書いているくらい人気のゲームなんでしょう。
(10万ダウンロードごとにキャンペーンをやっていますが、そのペースも早いので)

20120602-2

これはパズルゲームとRPGを組み合わせたようなゲーム。
簡単に紹介すると、
・下に並んだ玉を動かして同じ色の玉を3つ以上繋げると消すことができ、消した玉の数、1回の操作で連続して消せた組み合わせの数が味方の攻撃に反映されて敵を倒す。
・敵を倒すとたまにそのモンスターが手に入る
・手に入れたモンスターを自分のチームに組み込んでもいいし、いらないモンスターだったら他のモンスターのレベルアップのための経験値にする
・次々と出てくる新しいダンジョン、イベント用ダンジョンを潜って楽しむ
と言うもの。

20120602-3

このゲームはガンホーというオンラインゲームを作っているメーカーなので、当然お金稼ぎをします。
(アプリが事実上無料なのでサーバーの運営費とか開発費を稼がないわけにはいかないですからね)
それがこの魔法石の購入。
たくさん買えば買うほどお得になる値段設定ではあるけれど、最高85個で5200円ですからねw
iPhoneのアプリ内課金で5200円、相当な額ですよ(・∀・)

20120602-4

で、だいたいの使い道はこのレアガチャと言うガチャガチャでモンスターをゲットできるシステム。
ここでしか手に入らないモンスターが出るとはいえ、これを1回回すのに5個魔法石が必要なので、1回回すのにだいたい500円取られます。


っと、紹介が長くなりましたが、ここからが本題。
パズドラの人気と収益の良さはなんだろうか?
課金ゲーム作りをする上で参考にできるいろんな要素が何なのか考えてみた。

1.ゲーム全体の50%くらいまではサクサクにプレイできるようにする
 とにかくゲームの入り口は敵を倒す喜び、新しいモンスターが手に入る喜び、レベルアップする喜びを短時間のうちにたくさん経験してもらう!
 歯ごたえのあるゲームを求めるユーザはたしかにいるけれど、iPhoneのようなモバイルのゲームは一般的に短時間だけ遊ぶことが多いので、いかに短時間のうちにこのゲームは楽しいという気持ちを持ってもらい、また遊ぼうと思ってもらうかが重要になってきます。
 遊んでもらえなかったら課金してもらうなんてできませんからね(^◇^;)

2.適度に難関を用意してクリアの達成感を与える
 サクサク遊べると言っても、歯ごたえがなければ飽きてしまうので、途中いくつかの難関を用意し、それをクリアすることでユーザに達成感を持ってもらうことが次に重要。
 達成感を一度味わうと、次の難関もクリアしようという気持ちを持ちやすく、クリアのために何が必要なんだろうとユーザに考えはじめます。

3.甘い汁を一度味わってもらう
 課金ゲームを作る上で特に重要なのはこのポイント。
 最初の導入の際や、トラブルが発生したときにお詫びとして課金アイテムの魔法石を大盤振る舞いし、ユーザに無料でレアガチャが引けるようにする(要するに強いモンスターを無料で手に入れるチャンスを与える)。
この課金システムを使ったらメリットがあるんだということを一度知ってしまったユーザは、困難に出会ったとき、その解決方法としてガチャガチャを回すことが選択肢に入るので、課金してもらえる可能性が高まると考えられる。

4.頻繁にキャンペーンが開催できるようにする
悲しいから多くの人は「限定」「時間制限」「確率大幅アップ」という言葉に弱いです。
ここでしか手に入らない強力なモンスターが出てくると知ると、課金の甘い汁の味を覚えた人はズルズルと引き込まれていってしまいます・・・
(そう、課金はより多くの人にお金を落としてもらうのではなく、お金を落としやすい人にたくさん落としてもらえるように設計することが重要です)


以上がパズドラから学べる課金ゲームを作る上で大切な部分です。
長々と書いたけれど、簡単に言えば「ケチケチしないこと!」
儲けようと言う意思を感じるゲームは遊んでいても絶対に楽しくないですからね!




PS.
20120602-5

こういうパズルRPGに興味があるけれど課金ゲームを遊ぶのに抵抗がある人は「DUNGEON RAID」がオススメです。
こっちはパズドラよりもだいぶ前からある老舗のゲームと言ってもいいかもしれませんね。

20120602-6

英語のゲームですが、特に英語が読める必要はありません。
こっちのゲームはパズルを動かすのではなく、隣接する同じ絵柄を線で繋ぎ、3つ以上繋げば消えるというもの。
・剣はドクロの敵を巻き込んで倒す
・盾は敵の攻撃を防ぐためのポイントを稼ぐ
・赤い薬品はHPを回復
・コインはお金を貯め、ある程度貯まるとアイテムが買える
これだけ分かっていれば、あとは何回か遊べば分かると思います。
パズル系が好きな人はこっちもはまると思いますよ。

スポンサーサイト
Comment
Trackback
ここ4ヶ月近くパズル&ドラゴンというiPhone/iPadアプリのゲームで遊んでいます。AppBankやファミ通が異様なまでに特集記事を書いているくらい人気のゲームなんでしょう。(10万ダウンロードごとにキャンペーンをやっていますが、そのペースも早いので)これはパズルゲー?...
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

otika

Author:otika
名前:otika
出身地:京都
自己紹介:
しがない企業のプログラマー。
ゲーム、ガジェット好きなので、それ関係のお話をメインに書いていきます。

【持ってるガジェットたち】
*iPhone4
*iPad2
*Macbook Air
*Dynabook Qosmio FX77G
*TimeCapsule

*PSP-3000
*PSP-3000 ハンターズモデル
*PSP go
*3DS
*DSi LL
*DS lite

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
記事リスト
(工事中)ユーザタグの記事リスト
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
購入予定のゲーム

やっとPS4が活躍するソフトが出る!期待が膨らみます


まさかのコラボレーション!?これがホントのダンジョンRPG


ドラクエシリーズ初の音ゲー!あなたはFF派?ドラクエ派?


ゴッドイーターシリーズ最新作。あとから完全版が出てくるなら次回からは…


デモンズソウルの恐怖再び…キミは死にゲーのストレスに打ち勝てるか?


Wii唯一?の名作RPGが3DSで!遊びごたえは抜群の作品!


もはや最後の王道RPGかもしれないゼノシリーズの最新作!


スパロボシリーズの最新作。このシリーズもいつまで続くんでしょうね?


前作の悪いところをきっちり直してきているはずなので良作の予感
検索フォーム
リンク
Apple-Style Plus
ApplePeople
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。