HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  日記  »  DoCoMo新商品発表会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DoCoMo新商品発表会

今日の昼間にドコモが新商品発表会を開催しました。
なんというか・・・ここまで落胆するプレゼンも珍しいだろうってくらい悲惨なものだった・・・

軽く概要を書いておこう。

20110908-1

今日の新商品発表会はLTE対応タブレット、つまりドコモならXi回線を使った2種類のタブレットの発表会でした。
一つは言わずと知れたGALAXY Tab。
本当に特許問題が関係なく発売できるのか怪しいですが、サムソン製のベーシックなタブレットです。
もう一つは初登場のARROS Tab。
富士通製のワンセグに防水対応の日本製らしいガラパゴスタブレット初号機かな?位置づけ的には。

Xiの高速回線を利用できるということで、対応コンテンツもそれを生かしたもを出してきています。
20110908-2

・huluはネット配信ビデオ。
・qikはテレビ電話+パーソナルビデオ配信。
・JOOKEYはよしもとのネット配信ビデオ。
・G CLOUDはオンラインゲーム。
・Twonky Beam Browserはテレビなどへのアップスケーリング画面表示

少なくともhuluとqikとJOOKEYはビデオ配信だからすごい通信量が多そうなのは容易に想像つきますね?

な・の・に

同時に発表されたXiの料金プランはこんな感じです。

20110908-3

7GBを越えると料金が上がる道があるのにフラットって名前のプラントは如何に?と言いたいところだけれど、この料金プランで注目すべきは
・7GBを越える通信速度が最大37.5Mbps(一部75Mbps)から128kbpsに制限されます。(7GBを越えた日から月度の締め日まで)
(けどぶっちゃけXiが使えて速度が出る地域なんてほとんどないから、実際は最大7.2Mbpsだろうけど)
・7GBを越えると2,625円払うごとに上限が2GBずつ上がって速度規制が行われない
ってところですね。

後者のお金を払えば通信速度を規制されない道があるってことは資本主義な世の中としては別にかまわない。
問題は7GBで規制を行うことにしたことで、ドコモは一体どこに向かいたいのかさっぱり分からなくなった。

今回の新商品発表会は、Xiという超高速無線通信を使うことで大容量のデータをストレスレスで扱えますよ、それが実感できるコンテンツを提供しますよ、という話だった。
当然大容量データを高速で扱えるんだから、利用頻度が上がり、一人が使用する通信量が増える。
そんなわけで、前半はこの高速通信とタブレットがもたらす世界を存分に楽しんでくださいとアピールしていた。

次はXiの料金プラン、キャンペーンの話と一緒に7GBを越えると速度規制がある話だった。
Xi対応タブレットを提供する機会に、これまで速度規制を5GBから7GBに増やしました。(ドヤ顔)
ちなみに7GBはhuluを通常モードで視聴すると30時間分です。
っと、後半は存分に楽しむとXiの意味がなくなるほどの強力な速度制限をするからよろしくと言っている。

存分に楽しんで欲しいと言いながら、楽しむと規制orお金を払えって、いったいどうしたらいいんだよ^^;
1ヶ月でhuluを30時間分も見れたら十分じゃないの?って思うかも知れないけれど、別にこのタブレットでhuluしか見ないわけじゃない。
他のサービスはもちろん、Youtube、ニコニコ動画のような動画配信サイトも利用するでしょ?
さらにこのタブレットはテザリングもできるって話なので、ちょっと不安だなぁ・・・

ちなみに7GBやhuluで30時間分って言われてもピンと来ないかもしれないので一つの情報を出すと
・7GBはパケット量に変換すると約5,700万パケット
私のWiMAXの利用状況が
・iPhoneとPCを同時接続し、TwitterとWebブラウジングメインの平日1日8時間利用で1ヶ月約4,000万パケット
・これに合計1GBクラスのアプリを落とす(アップデート含む)やYoutubeで動画を見るなどが加わると7,000万パケット
っと言うことなので、Xi(FOMA)通信内で動画(しかも連続ドラマ)を見たり、大型アプリを落とすようなことをすれば規制の対象になりそうです。
大人しく自宅などのWiFi環境下で動画やアプリダウンロードを楽しみましょう。

・・・・

Xiの意味って何??




PS.
てかね、てかね、先日のスクエニの発表もそうだったけど、ドコモもプレゼンひどすぎ!!
もう見てて苦痛だった。
で、何がダメだったのか考えてみた。

1.『説明が多い割に中身がない』
 日本人のプレゼンの特徴は1枚のページにいろんなことを詰め込もうとすること、そしてそれを全部説明しようとすること。
 一気にたくさんの情報を見せられて、説明されても、コロコロ変わる話について行けず分からない

2.『これが特徴ですって言いながら、その特徴を生かせるシーンを見せられない』
 今回の発表会で言えばARROWSの防水ハンドジェスチャーですね。
 キッチンやお風呂場で使えるって言ったけれど、結局アプリの説明をしてて端末の魅力を言っていない。
 例えば防水+ハンドジェスチャーのプレゼンとして『粉もの料理をしていて、手が汚れているお母さんが、キッチンに置かれたタブレットに表示されているレシピを、ハンドジェスチャーでページスクロールやページ送りをしている。粉で汚れたタブレットを布巾でぬぐってきれいにする』シーンを出せば、『あ、なるほどね』ってならないですか?

3.『映像で分かってもらおうとする』
 たしかに文字や絵よりも動画(映像)の方が情報量が多いかもしれないけれど、情報量が多すぎてどこに注目すればいいか分からなかったり、ノイズ情報(別に見る必要がない情報)も多分に含まれるので、映像を見れば分かると言う考えは間違い。
 もし使うなら、どこに注目すべきか、事細かに言葉で指示(補足)すべきなのに、今回のドコモは寸劇を始めてしまった・・・寸劇なので、当然プレゼンではなく、まったく分からない。利用シーンイメージの映像が流れてる間、あの無音の多さはプレゼントしても寸劇としてもダメダメだよ。

4.細かいことだけど、噛みすぎるとそこに気がいってしまって、発表内容が頭の中に入らない
 これはauの田中社長もそうなんだけどね。発表練習してる?初めて記者発表してるわけじゃないんだから、緊張して噛みまくりってわけじゃないでしょ?

他にもあった気がするけど、特に気になったのはこの4つかな。
少なくともドコモという会社が行ったプレゼンとしては今回ほどひどいプレゼンはなかったんじゃないだろうか?

ま、他人の振り見て我が振り直せってことも心にとどめておかないといけないけどね^^;
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

otika

Author:otika
名前:otika
出身地:京都
自己紹介:
しがない企業のプログラマー。
ゲーム、ガジェット好きなので、それ関係のお話をメインに書いていきます。

【持ってるガジェットたち】
*iPhone4
*iPad2
*Macbook Air
*Dynabook Qosmio FX77G
*TimeCapsule

*PSP-3000
*PSP-3000 ハンターズモデル
*PSP go
*3DS
*DSi LL
*DS lite

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
記事リスト
(工事中)ユーザタグの記事リスト
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
購入予定のゲーム

やっとPS4が活躍するソフトが出る!期待が膨らみます


まさかのコラボレーション!?これがホントのダンジョンRPG


ドラクエシリーズ初の音ゲー!あなたはFF派?ドラクエ派?


ゴッドイーターシリーズ最新作。あとから完全版が出てくるなら次回からは…


デモンズソウルの恐怖再び…キミは死にゲーのストレスに打ち勝てるか?


Wii唯一?の名作RPGが3DSで!遊びごたえは抜群の作品!


もはや最後の王道RPGかもしれないゼノシリーズの最新作!


スパロボシリーズの最新作。このシリーズもいつまで続くんでしょうね?


前作の悪いところをきっちり直してきているはずなので良作の予感
検索フォーム
リンク
Apple-Style Plus
ApplePeople
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。