HOME   »  Mac mini
Category | Mac mini

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16GBの世界へ

昨日チラ見せしたメモリ。
やっぱり早速つけたいですよね♪
ってことで取り付けてみた。

20120101-6

念のためシリアルナンバーを確認・・・同じ値ですね。
てか、秋葉原を見るとこのメモリの2個セット版も価格表にあったので、これから買う人はそっちの方がいいです。

今回はこちらを事前に見ていたので、そんなに不安なく取り付け作業を行っております。
(参考にさせていただきました。ロボくまさん)

Mac miniのメモリを16GBへ』
http://robokuma.blog.fc2.com/blog-entry-193.html



20120101-7

まずは装着。ここまでは特に問題ないですよね。
強いて言えばこの季節なので静電気に気をつけるといったところでしょうか?
メモリを交換するときは服を全部脱ぐのは当たり前ですから大丈夫ですね!!

その後やってみたこと
1.SMC (システム管理コントローラ) のリセット
2.Apple Hardware Testの実行
3.PRAMリセット


まずはSMCのリセット・・・ですが、これは不可抗力ですw
SMCのリセット方法は
『電源コードを外し、しばらく放置(15秒)、その後コードをつけて電源ボタンを普通に押す』
http://support.apple.com/kb/HT3964?viewlocale=ja_JP

メモリ交換作業をするときは当然電源コードを抜いて作業するし、15秒以上電源が入らない状態にもなりますしね!
そんなわけでこれは知らないうちに実行してました^^;


20120101-8

次はハードテスト・・・これは正直知りませんでした。
参考にした記事にも書いてありますが、起動時にキーボードの“D”を押していると起動するようです。
http://support.apple.com/kb/HT1509?viewlocale=ja_JP

時間がかかると書いてあるけど、やっぱり全テストした方がいいでしょうってことで実行
・・・
・・


20120101-13

結局1時間半で終了~。問題もないとのこと。
(実はメモリを持ち帰る際、タオルを緩衝材として巻いて普通にカバンの中に入れて持ち帰ったので、ちょっと心配でした)


最後にPRAMのリセットですが
『電源ボタンを押す際に command + option + P + R を押しておく(or すぐに押す)』
ジャーーンと言った後に、もう1回ジャーーーンって鳴れば成功。


これで準備万端ですね!(数々のセンパイたちの助言を集約して実行してみました)

20120101-9

結果は見たとおり16GBちゃんと認識しています。

20120101-10

せっかくなのでBootcamp上のWindowsでも確かめましたが、この通りちゃんと認識しています♪

さぁ、あとはこれで問題なく運用ができるのか様子を見るだけですね!
時間ができたらMac miniの現在のメインタスク、エンコード作業をさせてみようと思います!



PS.せっかくなので、Windows側での性能評価の結果をさらしてみる。

ハードウェア構成は
CPU:Core i5-2520M 2.50GHz
メモリ:16GB
GPU:AMD Radeon HD 6630M
ストレージ(SSD): Intel SSDSA2CW160G3

20120101-12

このスコアは1.0~7.9なので、けっこう高スペックじゃないか??
もうちょっと無理させてもいいかもしれないなぁw

スポンサーサイト

HDMIよりDVI?

Mac miniのディスプレイ出力のお話です。

Mac miniにはHDMI出力のみが本体に搭載されています。
これは暗にAppleからMac miniはHDMIで出力した方がキレイで高解像度な映像が表示できますよってことなんだと思います。
そんなわけで私も最初液晶テレビにHDMIで表示させました。

○HDMI出力で表示
20111124-1

なんだろう、少しぼやっとしてる気がする・・・
アイコンはまぁまだ許容範囲かなぁって気がしないでもないけど、文字が・・・
iStat Proの文字がすごく読みづらいのです!

で、ここでMac miniの箱の中にHDMI to DVIの変換コネクタが同梱されていることを思い出し接続!

○DVI出力で表示
20111124-2

あっ!すごくくっきり!!
文字が読みやすい!!
・・・
って、この写真じゃ分かりづらいですよね^^;

BootCamp上のWindows7上で撮った写真の方が分かりやすいのでそっちも貼ってみます。

○HDMI出力で表示
20111124-3

○DVI出力で表示
20111124-4

こっちはアイコンも文字も違いがはっきり分かりますね!
HDMIの文字もアイコンもぼや~っとしているの対し、DVIはくっきりはっきりです。

ちなみに解像度は1360×768です。
てか、HDMIで接続した場合は推奨で1920×1080に設定されるんですが、これがまたさらにひどい^^;
文字がぼや~っとしてるのに、その文字が小さいから判読が困難な状態にw


なんでこんなことになるのか?
おそらく
・Mac miniに接続しているのがPCディスプレイではなく、液晶テレビであること
・しかも20型の液晶テレビで、5年くらい前のものなのでFullHD対応ではないこと
・Dot by Dot表示モードがない(意図的に設定できない)こと
このあたりが原因でしょうね。

この液晶テレビ、DVI入力があり、表示モードもPCと言っているだけあって、
このモードの時はおそらくDot by Dotで表示しているんでしょう。

そんなわけで、HDMIの方が高解像度でキレイな映像が出せるはずなのに、私の環境では
明らかにDVIの方がキレイに出力できるという逆転現象が起こっちゃいましたw

しかしあれですなぁ。
私のMacbookAirは13インチで1440×900の解像度で表示されているのに、
Mac miniの方は20インチで1360×768の解像度で表示されることになるとはw

Mac miniの方が広い画面で作業ができる!って思っていたのになぁ^^;
これは機会を見てディスプレイの買い換えも考えないといけないかもしれませんね。

結局パーティション分割

Mac miniが帰ってきてやっと本格運用にむけた環境構築ができるようになりました。

私はWindowsでしか遊べないゲームもするので、BootCampを使ってMacとWindowsを共存させます。
手元にあるのはMac miniのストレージ構成は160GBのSSD+500GBのHDDのダブルストレージ。
だったら、SSDにそれぞれのOSを入れて、HDDにはiTunesみたいなデータを入れるのが一番ハッピーな形だろう!

っと、言うわけで早速作業。
SSD側についてはBootCampで指示されるとおりMac領域とWindows領域にパーティションを分けて終わり。
問題はHDD側です。

以前、私はブログでウィキペディアのHFS Plusの項にBootCampドライバーがインストールされている
WindowsだとHFS+、要するにMac OS 拡張フォーマットが読めるってことを書きました。

Mac miniを買って、とりあえずやったこと
http://mascalade.blog89.fc2.com/blog-entry-201.html



たしかに読めました。
読めたけれど、Read Onlyで書き込むことはできませんでした orz
っと、言うわけで正攻法で進むしかありません^^;

まずは簡単におさらい。
Macで使うフォーマットは『Mac OS 拡張フォーマット』
Windowsで使うフォーマットは『NTFS』
MacでもWindowsでも使えるフォーマットは『FAT』

つまりFATでHDDをフォーマットしてやれば、どちらのOSからも読み書きできるストレージになるわけです。
ただMac側からWindowsアプリの.exeファイルのような専用ファイルにアクセスできるのはよろしくない。
当然逆にWindows側からMacアプリの.dmgファイルような専用ファイルにアクセスできるのはよろしくない。

そういうわけで、こんな構成にしてみました。

20111123-1

全部で500GBあるHDDの中身を
・Macのアプリや専用データを入れるための100GB。『Mac OS 拡張フォーマット』
・Windowsのアプリや専用データを入れるための100GB。『NTFS』
・iTunesのデータや動画データ、画像データのような共用データを入れるための300GB。『FAT』
このように分けるようにしました。

20111123-2そんなわけでデスクトップにストレージを表示させるとこんなことにw
縦にどれだけ並ぶねん!って感じですねw
ちなみに実際はこれにNASの共有フォルダーもマウントさせてるので6個ストレージ関係のものが並んでますw

けど、ここまできてやっと土台ができたって感じですね。



今はとりあえずアプリの再インストールはほぼ完了。
ほんとクラウド化のおかげというか、アプリを入れてアカウントを入力したら他のマシンで使ってる状態に
簡単に復帰できて楽になりましたねぇ。
やる気さえ出せば半日でMacとWindowsの両方の環境整備がほぼできちゃうんだから。

さ、あとは・・・隣でがんばってくれていたWindowsノートが完全に退役できるように最後の大物のデータ移行しないと。

PS.
これが落ち着けばBlu-rayドライブの入手について考えるぞ!!

元気になって帰ってこいよ

えぇ、今日、私のMac miniは購入先のkitcutさんの元へ旅立っていきました。
11/10に出荷メールで11/11に手元にやってきたMac mini、まさか家に1週間といないうちにいなくなるとは^^;

おかしいとは思ったんです。
みんなMac miniはずっと起動しっぱなしにしていても平気なマシンだって評価してるのに、
私のMac miniはアルミ筐体を触るとヤケドするんじゃないか!?ってくらい熱かったので。
それでもちょっと外からファンで冷風を当ててやると冷たくなるので、こういうもの?と。

疑惑が確信になり、何が変なのか調べようと思ったきっかけはBootcampで入れていた
Windowsでエクスペリエンス インデックスをしたときにCPUの評価値が1.2になっていたこと。
Core i5がそんな数字なわけがない!

そういえばMacの熱のお話を読んだことあるなぁって思い出し、この記事を参考に原因を探ることに!

MacBook Pro(Early 2011)(Mid 2010)の発熱体感比較。Fan Control導入。
http://yucomac.blog96.fc2.com/blog-entry-444.html



まずはまっさらなMac miniにiStat Proをインストール。
いろんな情報が表示されるので、ぱっと見では気づかなかったけど、よくよく見るとおかしなところを発見。

20111117-1

え、FANSの項目が 0rpm???

写真は後日撮ったものなのでCPUの温度が52℃と控えめだけど、発見したときは80℃くらいになってました。

念のため、隣で正常に動いてるMacbook Airの情報を見ると

20111117-2

動画閲覧中だったのでCPU温度が高いけれど、それに見合ったFANSの値ですね、約3000rpmって。

もう、Mac miniのファンがおかしいことは確定です。
いちおう応急処置として、裏蓋を外し、手持ちの卓上ファンで冷風を直接当てることでCPUの温度を下げる。
そのときにファンを見たけれど、ピクリとも動いていない。

次にダメ元だけれど参考記事にあるとおり、Fan Controlを入れてみる。
設定でファンの回転数をわざと高めに設定・・・したけれど、ファンはピクリとも動かず。

ええい!こうなったらSMCリセットだ!
Mac miniの電源を落とし、電源ケーブルを抜いてしばらく放置。
これでリセット完了・・・だけれど、やっぱりピクリとも動かないファン!!!


もうお手上げ \(^o^)/

可能性としては
1.初期不良
2.キットカットさんのSSD増設作業中にファンを壊した
3.配送途中に衝撃などでファンが壊れた

キットカットさんが初期動作の確認を行いましたってシールがあるくらいだから、
1と2は大丈夫だと思うんだけど・・・

で、今日の昼休み中にキットカットさんのサポートに電話して症状を説明し、
最終的には出荷から10日以内なので初期不良として送料着払いで送ってくれとのことでした。

キットカットさんの方で症状の確認と対応をしてもらえるわけですが、
修理で済むにしても、別のMac miniに交換になるにしろ、この1週間で徐々に構築していった環境は
全部ご破算となりました。 \(^o^)/


帰ってきたら、また私好みに調整してやるからな!
早く元気になって帰ってこいよ!!
ホントにタダで修理できるの今のうちなんだから、今度は何年もサポートにお世話にならないで済む
体になって帰ってきてね!!

やることメモ

ただいまMac miniで絶賛WindowsUpdate中・・・

何?何なの?どれだけアップデートあるの?
再起動から復帰で新しいアップデートがありますの連続にうんざり。
何もインストールしてないのにどんどん容量が食いつぶされる・・・
(60GBあったのに、もう30GBほど使ってる・・・)

っと、そんな感じでなかなか本来やりたい移行作業が全然できてないわけですが、やりたいことをメモしておく!

■共通項目
・Google Chromeでブラウザの同期(済)
 (Firefoxに戻るかどうかは悩み中)
・MacbookAirからiTunes内のファイルを共有ドライブに移してライブラリ共有
 (母艦をminiに移すかどうかは検討中)
・共有ドライブをMacとWindows両方から読み書きできるようにする
 (今の状態ではWindowsから読むことしかできていない・・・やっぱりFAT32じゃないとダメ?)
・Air Video Serverで快適動画ライフの構築
 (iPadで動画見るために必須です)
・DropBox運用のためのデータ整理

■Mac側
・アプリを再インストール
 (Mac App Storeのものが多いので、比較的楽)
・XCodeの環境構築
 (はやく環境作りたいけど、いろんなことが邪魔をする~)
・TimeMachineの設定

■Windows側
・動画エンコード環境の構築
 (必須。しなかったらHDDパンクするw)
・Ustream配信環境の構築
 (FME(FlashMedialiveEncoder)をちゃんと入れる)
・各種ゲームをインストール
 (もうすぐ冬コミなのに、まだ彼岸花やってなかった・・・)

いろいろあるようで、意外とない?
一つずつ着実にこなすぞ!!!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

otika

Author:otika
名前:otika
出身地:京都
自己紹介:
しがない企業のプログラマー。
ゲーム、ガジェット好きなので、それ関係のお話をメインに書いていきます。

【持ってるガジェットたち】
*iPhone4
*iPad2
*Macbook Air
*Dynabook Qosmio FX77G
*TimeCapsule

*PSP-3000
*PSP-3000 ハンターズモデル
*PSP go
*3DS
*DSi LL
*DS lite

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
記事リスト
(工事中)ユーザタグの記事リスト
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
購入予定のゲーム

やっとPS4が活躍するソフトが出る!期待が膨らみます


まさかのコラボレーション!?これがホントのダンジョンRPG


ドラクエシリーズ初の音ゲー!あなたはFF派?ドラクエ派?


ゴッドイーターシリーズ最新作。あとから完全版が出てくるなら次回からは…


デモンズソウルの恐怖再び…キミは死にゲーのストレスに打ち勝てるか?


Wii唯一?の名作RPGが3DSで!遊びごたえは抜群の作品!


もはや最後の王道RPGかもしれないゼノシリーズの最新作!


スパロボシリーズの最新作。このシリーズもいつまで続くんでしょうね?


前作の悪いところをきっちり直してきているはずなので良作の予感
検索フォーム
リンク
Apple-Style Plus
ApplePeople
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。