HOME   »  BootCamp
Category | BootCamp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windowsの容量異常消費!メモリーMAXのワナ

昨日なんとかMac miniにWindows7をインストールすることができましたが、その後さらなる問題にぶち当たりました。

20120702-1

Windows7をインストールし、WindowsUpdateを行ったあとにハードディスクを見ると変なことに気づきました。

『Windows7しか入れてないのにすでに40GBも使用されてる!?』

当たり前のことですがWindows7だけで40GB消費してるなんておかしすぎます。
(システムだけでそれだけ消費してたら60GBのSSDをシステムドライブにしているような最近のBTOマシンが泣きますw)


20120702-2

念のためCドライブの中にある全ファイルの容量を調べてみると15GBと表示される。
Windows7だけが入ったドライブとしては妥当な数字が出てきたけれど、
Cドライブの使用領域が40GBなのに、見えているファイルの総量が15GBしかない。
残りの25GBはいったいどこにいった?

早速フォルダオプションで見えないシステムファイルを表示させると犯人が見つかりました。


20120702-3

『hiberfil.sys 12GB、pagefile.sys 16GB』

何かとてつもなく巨大なファイルが出てきましたよ〜 (^◇^;)
これらのファイルは何者か?
名前を見てピンとくる人もいるかと思います。

hiberfil.sys → ハイバネーション(休止状態)用の予約領域(システムファイル)
pagefile.sys → 仮想メモリ(ページング)用の予約領域(システムファイル)

です。

ハイバネーションは一般的にバッテリーが少なくなったり、ノートパソコンの蓋を閉じられたときに行われるもので、
物理メモリの中身をストレージに保存して、バッテリをほぼ消費しない休止状態になりながら、いざ起動するときは
ストレージからメモリの内容を復元して短時間で元の状態に戻す機能です。
よって、ハイバネーションを実現するためには
物理メモリの容量と同じ容量をストレージに確保しておかないといけない
わけで、
物理メモリを16GB積んでいるとストレージでもそれと同等の容量が確保される
わけです。

前回はWindows7をインストールしてから物理メモリを16GBに交換したので特に問題になりませんでしたが、
今回は最初から16GBの物理メモリが搭載された状態でWindows7をインストールしたのでこういうことになったんでしょう。


次に仮想メモリは一般的に動画やリッチなアプリケーションを扱って物理メモリが足りなくなったとき、
メモリ内に残っているが古くて使っていないものをストレージに移して物理メモリに空きを作って対応する機能です。
本来なら1GBや2GBもあれば十分なんですが、
システムに管理させると物理メモリとほぼ同等の容量がストレージに確保される
ようです。(´・ω・`)
きっと、物理メモリの中身が全部置換されても大丈夫なようにそうなってるんでしょうが、16GBもメモリがあると
ページングが起こることも少なければ、一気にすべての領域が置き換わるようなことなんてまず起きません。


ならばやることは一つ!
ハイバネーションを切り、仮想メモリも使わない設定にすること!


20120702-4

調べてみましたが、Windows7の場合、ハイバネーションの切り替えのためのGUIが用意されていないようです。
なので管理者として実行したコマンドプロンプトに
『powercfg.exe /hibernate off』
と入力してEnterを押せばハイバネーションを切ることができます。
逆にハイバネーションを復帰させたいときは『powercfg.exe /hibernate on』を実行すればよいです。
ちゃんとハイバネーションが切れているかを確認するには『powercfg.exe /a』を実行すれば休止状態が切れていることを確認することができます。

ちなみに今回私はハイバネーションを切るという選択肢を選びましたが、これがMac miniという据え置き機だから選んだことです。
もしノートPCを使っていて同様のことが起きている場合、安易にハイバネーションを切ってしまうと、
いざバッテリーが切れてしまうというときに休止状態にならず、稼働状態から急に電源が落ちてしまう可能性があるので注意が必要です。


20120702-5

次に仮想メモリの設定は【システム】→【システムの詳細設定】→【パフォーマンスにある設定ボタン】
→【詳細設定タブにある仮想メモリの設定ボタン】で辿り着くことができます。
しっかり16GB確保されていますね (^◇^;)
本来なら1〜2GBほどをカスタムサイズとして設定しておいてもいいんですが、はっきり言って16GBも使い切ることはまずありえない。
なので、今回は『ページング ファイルなし』を選びました。


スクリーンショットを用意するのを忘れてしまいましたが、これをすることで大量に確保されていた予約領域を開放することができ、ストレージ容量を大きく開けることができましたヽ(^0^)ノ
(ちなみに現在はよく使うソフトを入れた状態で17GBなので効果は抜群です)

もしチームメモリMAXの皆さんが新たにWindowsをインストールしよう考えておられるならば、
同様の現象が起こると考えられるので一度チェックしてみると良いと思います。



PS.
同じ16GBの物理メモリを積んでいるのにMac OSの方ではこういう現象が起こってないなぁっと思い、ちょっと調べてみた。

まずハイバネーションについて、Mac OSではデフォルトでは使えないようになっているようです。
Mac OSでは基本的に『スリープ』が使われており、ハイバネーションとは違い、メモリに電気を通し続けることで
メモリの内容をストレージに移すことなく省電力モードになるようです。
そのためストレージにハイバネーション用の容量をあらかじめ確保することもないため、Windowsのようなことは起きません。
いちおうアプリ(ウィジェット?)として『Deep Sleep』というのがあり、ハイバネーションと同じことができるみたいですけどね。


次に仮想メモリについて、Mac OSでは設定を変更することができないようになっています。
仮想メモリの利用状況はアクティビティモニタから確認でき、システムメモリのタブにある
『ページイン、ページアウト、スワップ使用領域』がそれに相当します。
その数字を見れば分かりますが、どうもMac OSでは仮想メモリは足りなくなれば新たに確保して使うようで、
Windowsのようにあらかじめバクっと容量を確保しているわけではなさそうです。


こうやって見ると、ストレージとメモリの扱いはMacの方が上手なのかなぁって思いますねぇ(´・ω・`)

スポンサーサイト

BootCampのパーティション変更の失敗話

昨日のエントリーで書きましたが、BootCamp側のストレージ容量が足りなくなったのでMacの領域を減らし、Windowsの領域を増やそうと今朝から格闘していました。
本当ならすごく簡単に終わるはずだったんですが、いくつかの勘違いが重なり、大変なことになったので備忘録として書いておきます。

主な失敗
・ディスクユーティリティでWindowsのOSをフォーマットしてからパーティションの比率を変えると思っていた
・OSの再インストール時に間違ったドライブを選択してOSインストールをしてしまった
・BootCampでWindowsインストール時に、メディアを持っていてSuperDriveがあるのでISOイメージはいらないとしていた


○ディスクユーティリティでBootCamp側のフォーマット

20120701-1

ディスクユーティリティでMac側の空き領域に対してパーティションを切って新しいドライブを作ることはできるが、
Mac側の領域を減らしてその分をBootCamp側に回すことができない。
OSが入っているところは再インストール時にパーティションを設定しなおすものなんだと思って、ディスクユーティリティをしたのが悪かった。
この先、いろいろな失敗の幕開けです(^◇^;)

ちなみに(おそらく)正しい手順は

20120701-5

BootCampアシスタントで『ディスクを単一Mac OSパーティションに復元』を選んでBootCamp領域を消去。
そのあと、もう一度BootCampアシスタントを起動して『Windows用の第2パーティションを作成』を選んで通常のWindowsのインストール作業に移行すれば良いと思います。
つまり・・・Mac OSの再インストールは一切必要なかった・・・

このあと、必要がないのにOSの再インストールが行われます。

○間違ったドライブにOSをインストール
20120701-2

ブログ用に写真を撮っていたので、あとになって気づきました。
私、OSのインストール先を間違ったところにしていますね。
私のMac OSのインストール先は『Macintosh HD』なのに『Mac』とデータ用HDDを選択しています。
これのおかげで同じOS(しかもTime Machineからの復元なので中身も同じ)が一つのマシンに2つ入ることになり、すごいややこしい状況になってしまいました・・・

教訓『ドライブの選択は慎重に!あとドライブ名はもっと分かりやすくしよう!』

データドライブなので、Mac用を『Data Mac』、Windows用を『Data Windows』にした方がいいかも。


○ISOイメージを作らずにBootCampでWindowsのインストール作業を進めた

20120701-3

多くのWebサイトで紹介されているBootCampを使ったWindowsのインストール方法を見ても、
メディアがあるなら『Windows7インストールディスクを作成』のチェックを外してもいいって書いてあったんですが
少なくとも私のときはダメでした。
チェックを外して作業を進めると、ブートするものがないよ!と怒られて沈黙してしまいます。
ちなみに環境は
・Mac mini(2011)
・BootCamp4.0
・Windows7 (64bit)
・USBメモリ(8GB)
・SuperDrive接続
を使って作業していました。

これらのミスがすべて重なった状態で起こったことはこれだ!

20120701-4

『ブート(起動)できるデバイスがないぞ!』と怒られて、にっちもさっちも行かない状態に(^◇^;)
いや、ホントに焦りました。

『Optionキー』を押しながら起動でブートドライブ選択の画面を出したら『Recovery HD』が消失してますしね・・・
いちおう『Command+R』でのネットインストールは生きていたのでなんとかなりましたが・・・


そんなわけで、ちゃんと正しい手順で作業していれば2時間かからないうちに環境の再構築ができたと思いますが、
結局1日がかりのお仕事です(^◇^;)
(他にもやることがあったので、実はまだ環境の再構築は全部終わっていなかったり・・・)


私みたいなミスをする人は少ないかもしれないけれど、皆さんもお気をつけを〜〜


iPhone/iPadのバックアップファイルを別ドライブに逃がそう!

昨夜はiOS5.1が配布されたので早速母艦のMacbookAirでダウンロードを試みるも、サーバーへの接続中のままアップデートができない状態に・・・
iPhone/iPadの単独アップデートももちろんできない。
藁をも掴む思いでMac miniの中に入れてあるWindowsのiTunesでアップデートを試みたら無事にアップデート成功!
これはそのときに起こった出来事のお話です。

iOSのアップデートのとき、デバイスのバックアップをとってからOSのアップデートを行うのが常套手段です。
なので、私は手持ちのiOS5.1へアップデートできるiPhone/iPadを次々とバックアップしてからOSアップデートを行っていると、急にiTunesから「バックアップできないよ!」と怒られてしまいました(´・ω・`)
(補足:母艦のiTunesではないので同期はできないけれど、バックアップならアカウント認証済みマシンでもできる)

様子を見てみると・・・

20120309-1

Cドライブが真っ赤^^;
※これは再現画像。実際には残り500MBほどまで減っていました(^◇^;)
しかしここで一つ疑問が
『私はiTunesのライブラリをGドライブ、もしくはiTunesMatch用の外付けIドライブにあるはずなのに、なぜCドライブの容量が減っている?』

調べてみると・・・

iOS:iTunes のバックアップに関する問題のトラブルシューティング
http://support.apple.com/kb/TS2529?viewlocale=ja_JP

Mac:~/ライブラリ/Application Support/MobileSync/Backup/

Windows XP:\Documents and Settings\(ユーザー名)\Application Data\Apple Computer\MobileSync\Backup\

Windows Vista および Windows 7:\ユーザー\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup\


このように特別なフォルダに自動的にバックアップファイルが作られていることが判明!
しかも、このバックアップファイルの作成先を変更できない!!


20120309-2

困りました (^◇^;)
私のiTunesにはこれまで購入したiPhone/iPad6台分のバックアップファイルがあります。
試しに容量を調べてみると

20120309-3  20120309-4


理由は分かりませんが、Windows側では3.5GB、Mac側では5.73GBと違う容量でしたが、決して無視できるような容量ではありません。
特にBootCampのWindowsのCドライブは60GBほどなので6%ほど、仮にMacと同じ6GBのバックアップファイルが作られていれば10%分なのでその大きさが分かるかと思います。

このバックアップファイルをCドライブから別のドライブに移したいところだけれど、単純に移動しただけではiTunesがバックアップファイルを見失って、同じ場所に新しいバックアップファイルを作るだけで意味がない。
これがMacだったらエイリアス機能を使って、シンボルはそこにあるけれど実体は別のドライブにあるという風にしてバックアップファイルを逃がすことができるけれど、Windowsにはそれがない。
ではどうするか?

Windowsにもエイリアス機能と同じ機能を与えてやればいい!
それを叶えてくれるのが『Link Shell Extension』

Link Shell Extension
http://schinagl.priv.at/nt/hardlinkshellext/hardlinkshellext.html#download


20120309-5

32bit版は赤丸、64bit版は青丸のところからファイルをダウンロードしてインストールしてください。
日本語にも対応してるので、インストール時に指定するのをお忘れなく。


20120309-6

使い方は
1.バックアップファイルがあるフォルダを別のドライブにコピーする
2.元の場所にあったバックアップファイルがあるフォルダを削除する
3.別ドライブにあるフォルダを右ボタンを押しながら元の場所にDrag&Dropする
4.出てきたコンテキストメニューから「ここにリンクを作成」→「ジャンクション」を選ぶ
5.元の場所にバックアップファイルフォルダのシンボルだけが作られる

これで新しいiPadが届いてバックアップファイルを新しく作っても、Cドライブの容量が使われるないので容量不足問題は起きなくなりましたヽ(^0^)ノ
ったく、めんどくさい・・・

ちなみにこの技はiTunesのバックアップファイル限定の話ではなく、他のアプリで自動的に作られるファイルも同様の操作で別ドライブ移すことができます。

20120309-7

おかげで残り数百MBの空き容量だったのが、10GBぐらいまで復活!!(*^o^*)
これでもう少し戦える・・・

参考までに、
私のC,DドライブはSSDなので、なんでもかんでもHDDであるE,F,Gドライブに移してしまうと、せっかくの高速アクセスが使えなくなります。
もしこの技でファイルを移す場合は、バックアップファイルのようにほぼ使わない、たまにしか使わないファイルのみを移しましょうね!!

BootCamp上のWindowsでもファンコントロールを!

やっとこさWindowsノートを退役できるくらいMac miniの整備ができてきました。

で、BootCamp上のWindowsを長く動かしているとMac miniがずいぶん熱くなっていることに・・・
Mac OSを動かしてるときはこんなに熱くならないのになんで??って思って調べたら原因が分かりました。

『BootCamp上ではファンコントロールが動かず、2000rpmの最低値に固定される!』

なので、ちょっと重い操作をしたり、夏場のような熱いときに動かしていると、
弱いファンの力ではCPUの発熱を抑えきれず、最悪熱暴走してしまうんだとか。

知らなかった (^◇^;)

で、何か回避策はないのかなぁって思ってサイド調べるとちゃんとありました。

Lubbo's Fan Control
http://sourceforge.net/projects/lubbofancontrol/



公式がsorcefogeしかないって^^;
これを使うことでBootCamp上のWindowsのファンを賢くコントロールすることができます。

インストール、使い方は簡単。
1.このsorcefogeからファイルをダウンロード
2.ダウンロードしたZipファイルを展開する
3.LubbosFanControl.exeを起動

これでインストール・・・っていうか、タスクバーに常駐します。

※exeファイルを開いたときに
『MSVCR100.dllが見つからなかったため、
このアプリケーションを開始できませんでした。
アプリケーションをインストールし直すとこの問題は解決される場合があります。』

と表示された場合、このファイルを動かすためのMicrosoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ
インストールされていない可能性があります。
こちらのファイルをインストールすることで動くかと思います。
http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?FamilyID=a7b7a05e-6de6-4d3a-a423-37bf0912db84&displayLang=ja

タスクバーにあるアイコンのコンテキストメニュー(右クリックで出てくるやつ)からOPENを選ぶと
この画面が出てきます。

20111125-1

よくあるファンコントロール画面ですね。
変更が必要なのは一番上のConfigurationで、使ってるマシンにあわせてください。
私の場合はMac miniで、ファンが1個、GPU1個の設定を選びました。

一番下には[ファンの目標速度/現在の速度]と[CPU/GPUの温度]が表示されていて、
ちゃんと温度に合わせてファンの速度が変わっている・・・って言うか、明らかにファンから聞こえる音が
変わったのでちゃんと動いてるみたいですね!
これで安心して動画のエンコードとか重い作業をさせられるぞ!

PS.
このLubbo's Fan Control1.1.0なのですが、BootCamp3.0ではちょっと問題があるようです。
(BootCampコントロールと干渉して、どっちかしか動かせないらしいです)
まぁ、私の環境はBootCamp4.0で、この問題はBootCamp3.1から解消されているそうなので、
最近のマシンなら特に問題なく使えるんじゃないかな?

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

otika

Author:otika
名前:otika
出身地:京都
自己紹介:
しがない企業のプログラマー。
ゲーム、ガジェット好きなので、それ関係のお話をメインに書いていきます。

【持ってるガジェットたち】
*iPhone4
*iPad2
*Macbook Air
*Dynabook Qosmio FX77G
*TimeCapsule

*PSP-3000
*PSP-3000 ハンターズモデル
*PSP go
*3DS
*DSi LL
*DS lite

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
記事リスト
(工事中)ユーザタグの記事リスト
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
購入予定のゲーム

やっとPS4が活躍するソフトが出る!期待が膨らみます


まさかのコラボレーション!?これがホントのダンジョンRPG


ドラクエシリーズ初の音ゲー!あなたはFF派?ドラクエ派?


ゴッドイーターシリーズ最新作。あとから完全版が出てくるなら次回からは…


デモンズソウルの恐怖再び…キミは死にゲーのストレスに打ち勝てるか?


Wii唯一?の名作RPGが3DSで!遊びごたえは抜群の作品!


もはや最後の王道RPGかもしれないゼノシリーズの最新作!


スパロボシリーズの最新作。このシリーズもいつまで続くんでしょうね?


前作の悪いところをきっちり直してきているはずなので良作の予感
検索フォーム
リンク
Apple-Style Plus
ApplePeople
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。