HOME   »  iTunesライブラリ
Tag | iTunesライブラリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G.W.最後の大仕事。iTunesライブラリの整理

先日iTunesライブラリがMacbookAirの容量を圧迫しているというお話を書きました。

部屋の掃除もいいけどPC内の掃除もね!
http://mascalade.blog89.fc2.com/blog-entry-374.html


G.W.中にライブラリの整理をするぞ!って言うことでちょっとがんばってみました。
結果は・・・

20120506-1

109.01GB→67.23GB と 約42GBの削減に成功しましたヽ(^0^)ノ

具体的な内訳は
削減前削減後
・Mobile Applications86.16GB51.91GB
・Music14.62GB12.45GB
・Movies4.23GB1.99GB
・Podcast2.14GB11.8MB
・Books1.8GB6KB

意外と音楽が減ってないけれど、それ以外をがんばって減らすことができたかな。


20120506-2

ちなみにPodcastについては先日のAutomatorで作ったもので移行してみたけれど、この方法を使うとライブラリ上ではファイル行方不明状態になるんですね(^◇^;)
そりゃそうだ。
っと、言うわけで一度Podcastを削除してから、改めて登録、直近のファイルのみを再ダウンロードをしています。
Automatorいらないやん・・・

42GBも削減したからさぞMacbookAirの容量も空いただろう!!っと思って見てみると・・・

20120506-3

前回約53GBの空き→今回約57GBの空き
全然増えてないヽ(^0^)ノ
(´・ω・`)
そうでした、Macはゴミ箱に入れて空にしてもファイルそのものがなくなるわけではなく、リンク情報がなくなるだけでしたね。
ゴミ箱に入れたファイルを完全になくすには
・Finderの設定で『確実にゴミ箱を空にする』にチェックを入れておくか
・ディスクユーティリティの消去で『空き領域を消去する』を選ぶ
のどちらかをしないといけないんだっけ?

今回は前者のチェックを入れずに削除し終わっているのでもう遅いです。
なので後者の方法を実行しようとしたんですが・・・

20120506-4

グレーアウトしていてできない(T-T)
どうやら起動ディスクに設定されているディスクに対して、この『消去』タブの処理は実行できないみたいです。
もしするなら起動ディスクで実行してディスクユーティリティで消去するしかないっぽい・・・

う~ん、どうしよう(^◇^;)

実用上問題はないのかもしれないけれど、実際にどれだけ空き容量が残ってるのか分かりづらいのは困りものだ・・・
ディスクユーティリティを経由しなくても、空き容量部分を消去してくれるアプリがあるかな?
ちょっと探してみるとしましょうか。

とりあえず、予定していたMacbookAirの中身のダイエットは無事終えることができてほっとしています。

スポンサーサイト

部屋の掃除もいいけどPC内の掃除もね!

G.W.に入り、TwitterのTL上でも「今日こそ掃除する」って宣言をよく見かけるようになりました。
私も部屋の掃除はしたいところだけれど、関西はイマイチ天気が良くない日が続いています。
(今日は特に雨が強い日になるみたい)

っと、言うわけで部屋の掃除ができない代わりにMac(に限らず手持ちのマシン)の中身の掃除のことも考えよう!

そう思った理由は簡単。
20120502-1

いつの間にかMacbooAirの空き容量が50GBまで迫ってきてた (^◇^;)
SSDで容量が減っても目立った不調ってあまりないのか、ここまで使ってたとは気がついてなかったですよ。
1年半メインマシンとして使い続けていたから、積もりに積もったデータの山ができていたんだなぁ・・・
それにしてもその他ってなんなんだろう?(´・ω・`)

まぁ、容量をたくさん食っている目星はついています。

20120502-2

iTunesMedia、要するにiTunesが管理しているデータがかなり膨れあがっているというわけです。
簡単に内訳を見てみると
・Mobile Applications 86.16GB
・Music14.62GB
・Movies4.23GB
・Podcast2.14GB
・Books1.8GB


まずはMobile Applications。
iPhone/iPadアプリだけで86GBもあるんだ・・・
全容量の34%、その他の容量の約66%も占めていると考えると・・・恐ろしいな(・∀・)
さぞ大きな容量のアプリがたくさんあるんだろうと思って容量の大きい上位10個のアプリを見てみた。

20120502-3

たしかに1GB級のアプリがそれなりにあるけれど、上位10個のアプリの総容量は約14GB程度。
全体のわずか16%くらいしかない。
これを上位20個に増やしても総容量は約20GBとそれでも全体の23%程度しかない。
つまり『塵も積もれば山となる』が発動していて、無料セールだからってとりあえずダウンロードしておいた大量の小さいアプリが無視できないくらいに膨れあがっているってことのようだ(^◇^;)


次はMusic。
このMacbookAirに入っているのはモバイル向けのメインライブラリなので、音声は基本的にMP3(一部除く)なので、エンコード方式による容量食いではなく、こちらもリッピングを続ける間に容量が膨れてきたパターンです。
実際、ほとんど聞かなくなったけどライブラリには残ってる曲がありますからね・・・
これらを整理すると10GBを切るくらいまでにはできるかな?


そしてMovies。
正直iPhone、iPadで動画を見るときは基本的に家で、しかもNASなどのネットワークストレージにある動画を見るので、iTunesライブラリにある必要性はほとんどないんですよね。
っと、言うわけでここはかなりの部分を削除予定。
どうしても残しておこうかなってものを除き1GB程度まで落としたい。


これは盲点だったPodcast。
伊集院光の深夜の馬鹿力を登録しているわけですが、そういえば毎週配信されていてダウンロードしています。
特に震災後の1年間は平日ほぼ毎日配信なんてことをしてたので、2011年度分だけですごい量になってます。
それでもまさか2GBレベルにまで成長しているとは予想外だった。
基本的にiPhoneに同期されるのは聞いていないものだけなので、1度聞いたものはこの先何か特別なことがない限り聞くことはない。
なので、ここのほとんどのファイルはリムーブ、もしくはリプレイス対象ですね!
ここ数週間分だけ残しておけばいいと思うので、50MB程度にまで減るだろう。


最後はBooks。
これは電子書籍というか、PDF化されたコミックスのデータをiBooksで見たらどうなるかな?って実験で登録したものがそのまま残っていました。
いろいろ試した結果、ComicGlassが個人的には一番使いやすいかなっていうことで、本格的に自炊を始めるときはBooksは使わない予定です。
っと、言うわけでここのデータもほぼ消してOK


これでデータ整理の方針は決まったけれど・・・
アプリの削除基準を決めるのが難しいなぁ(^◇^;)
たぶんダウンロードしたけれど起動すらしていないものが数100個クラスあると思うんだ。
これはかなり重たい作業になりそうだ (・∀・;)

っと言うわけで、私のように MacbookAirでiTunesライブラリを運用している方はこまめにライブラリの整理をしないと・・・大変なことになりますよ?w


PS.
ちなみに私はこのMacの隣で稼働しているMac miniの方でiTunes Match向けのiTunesライブラリが動いています。
こっちには手持ちの全CDをアップルロスレス形式で取り込み、iPhone/iPadアプリも全部保持しているものがあります。(アップデート対象が二つあってめんどくさいですがw)
なので、例えiPhone/iPad同期用のライブラリで楽曲が減ったり、アプリを削除しても、そっちから復帰させることが容易なので、機械的に削除しても困ることは少ないのです。
屋内だったらホームシェアリングで音楽を聞くことができるしね!
私のようにバックアップライブラリがない人は、まずは今のiTunesライブラリを外付けHDDなどにコピーしておいてから整理作業をする方がいいですよ。

iTunesライブラリ再構築完了

仕事終わりの夜中しか作業ができなかったので結局5日間くらいかかりましたが、無事に手持ちの全CDをiTunesMatch用にライブラリの再構築が終わりました!

20120302-1

もちろん全部Appleロスレス オーディオファイルとして読み込んであります。(^_^)ゞ
これでいつiTunesMatchのサービスが始まってもマッチングしてもらうことができますね!

さて、結局のところどれだけの数のCDを取り込んだかというと・・・

20120302-2

『CD 300枚、 曲数 4830曲、 時間 276時間分、 容量113GB』

最初に想定したとおりのCDの枚数だったけれど、容量は意外と増えませんでしたね。
160GBくらい行くと思っていたのにw
500GBのポータブルHDDが思いの外余ったので、持ってるiOSアプリ70GB分もバックアップしておきましたw


さて、今回のライブラリ再構築で困ったのはコレ。

20120302-3

シングルCDこと8cm CDです。
もう10代の子だとは見たことがないって言う人も出てきたりするのかな?w
今はもうマキシシングルこと12cm CDの1種類しか発売されてないですしね。

20120302-4

何が困ったかというと、スロットローディング式のSuperDriveは8cm CDを飲み込んでくれない!!
いや、いちおうギリギリまで入れてみたけれど、まったく吸い込んでくれる気配がなくて諦めました^^;
これ、MacbookProでもスロットローディング式のドライブがついてるから8cm CDはダメなんだろうな・・・

20120302-5

私は幸いはめ込み型のBDドライブを持っていたので事なきをえましたが、Mac使いで外付けの8cm CDが読み込めるドライブを持ってる人はそんなに多くない?
Windowsマシンは「トレイ型」か「はめ込み型」がほとんどなので問題なく読み込めるんだろうけれど。
ちなみに同じスロットローディング式でも、PS3は8cm CDを読み込めるって話なので、スロットローディングなら全部ダメって分けじゃないみたいです。」

20120302-6

私みたいに外付けドライブを持ってない人は、やっぱりこういう12cm CDと同じ大きさにするアダプタを使うのが普通なのかな?
値段も安いしね。
けど、個人的には中で外れないかすごく不安なので、できればドライブを使う方がいいと思いますけどね。



    

全CDをiTunesのライブラリへ入れるために

iTunes Matchがいつやってきてもいいように手持ちのCDをiTunesライブラリに入れちゃおう!

とはいえ、手持ちの大量のCDを闇雲にどんどんリッピングするのは非常に危険。
なぜなら、マッチングをしてくれるのはWAV形式とかアップルロスレス形式のように圧縮をほとんどしないもの。
つまり1曲のファイルサイズが非常に大きいのだ!

実際に手持ちのアルバム1枚をアップルロスレス形式でリッピングし直してみた。

20120223-1

20120223-2

MP3は高音質(192kbps)で1ファイル6.2MB。
アップルロスレス(1090kbps)では1ファイル34.4MB。
ファイルサイズが約5.5倍に膨れあがりましたw

さすがアップルロスレス・・・これがアルバム1枚分となると・・・

20120223-3  20120223-4


MP3は112MB。
アップルロスレスは600MB

よって計算しやすいように1アルバム600MBくらい必要だと言うことにしましょう。


次に手持ちのアルバムの枚数を数える・・・って、めちゃくちゃたくさんあるのをいちいち数えてられるか!!
っと思ったけど、そういえば以前『ItemShelf』に大半を登録したんだった。

20120223-5 20120223-6


ItemShelfは自分の手持ちのアイテムを登録して、何を持っているのか管理するアプリです。
このアプリは手持ちの本の電子カタログとして使うのが基本だけれど、CDとかも登録することができます。
登録方法もバーコードをカメラで写して認識させればほぼ自動で情報が入力されるものです。
ただ、更新が止まっちゃってアプリの改善が行われなくなってしまったので最近は使っていませんでした^^;

さて、ItemShelf登録されているCDアルバムは約200作品、そこから何枚も買ってるのでおそらく今持っているのはおよそ250作品くらいでしょう。
さらに私が持ってるのはサントラとかが多く、1つのアルバムだけれどCDが何枚も入っているので、おそらくCDの枚数としては300枚は十分にあると思われます。


これで計算に必要な情報は集まりました。
私の手持ちのアルバムをすべてアップルロスレスで取り込むときに必要なストレージ容量は
(1アルバムの容量 600MB)×(手持ちのCD 300枚)= 180,000MB = 約180GB ヽ(^0^)ノ

これを多いと見るか少ないと見るか・・・
とはいえ、これを500MBくらいの内蔵HDDに入れるのはさすがに負担が大きい (^◇^;)
私の場合、Mac miniはWindowsとMacが共存してるので、180GBがポンと入る場所が残念ながらないのが現状。

これはやはりiTunes Match用のライブラリを外付けのHDDに作るしかない!
タイミングがいいことにAPP BANKさんがタイムリーな記事をエントリーされているので外付けHDDにライブラリを作る方法はそちらを見た方が分かりやすいです。

iTunesのライブラリのデータを外付けHDDに移動させる方法(Mac編)
http://www.appbank.net/2012/02/23/iphone-news/374049.php

iTunesのライブラリのデータを外付けHDDに移動させる方法(Windows編)
http://www.appbank.net/2012/02/23/iphone-news/373975.php




ライブラリを入れるHDDですが、残念ながら今の私の手元には手頃な空きHDDはないのでライブラリ兼ちょっとしたデータのバックアップ用の外付けHDDを買おうと思います。
iTunesMatch用なので据え置き型ではなくポータブルタイプの方が小さいし保管も楽かな?

   

だいたい5000~6000円くらいと見とけばいいかな。

っと、言うわけで今週末はHDDを手に入れて、約300枚のCDを1枚1枚アップルロスレスでリッピングしまくるぞ!!

iTunesで改善してほしいこと

iPhone生活もはやいもので丸3年が経過しました。
いいものはもちろん、アプリが無料セールをしてるととりあえずダウンロードする生活をしていたら、こんなことになりました。

20110707-1
20110707-2

ライブラリ上にはiPhoneアプリ 720本、iPhone+iPadアプリ 246本、iPadアプリ 136本 合計1,102本のアプリ!

こんだけアプリがあると当然使ってないアプリがたくさんあるんだけれど、たま~にアプリ入れ替えをするとき、このアプリってどんなアプリだっけ?って思うものが出てきます。
そんなときはiTunesStoreでアプリの説明を見て入れるか入れないの判断をしてるんだけど…

毎回アプリ名でiTunesStoreの検索かけるのめんどくせーーーー!

ライブラリのAppをダブルクリックしても何も起きないし、コンテキストメニュー見ても情報(プロパティ)とかアプリの保存場所をFinderで開くしかないし!!
アップデートを確認ってやったら、ちゃんと対象のページから新しいアプリファイルをダウンロードしてるっぽいから、隠し情報として元のページアドレスどっかに保存してると思われるので、ライブラリ上のアプリアイコンをダブルクリックしたらiTunesStoreの対象のページが開くとかあってもいいと思います!

ぜひ次のiTunesのアップデートでこの機能を搭載してほしいけれど・・・どっかに意見を言うところってあったっけ?
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

otika

Author:otika
名前:otika
出身地:京都
自己紹介:
しがない企業のプログラマー。
ゲーム、ガジェット好きなので、それ関係のお話をメインに書いていきます。

【持ってるガジェットたち】
*iPhone4
*iPad2
*Macbook Air
*Dynabook Qosmio FX77G
*TimeCapsule

*PSP-3000
*PSP-3000 ハンターズモデル
*PSP go
*3DS
*DSi LL
*DS lite

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
記事リスト
(工事中)ユーザタグの記事リスト
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
購入予定のゲーム

やっとPS4が活躍するソフトが出る!期待が膨らみます


まさかのコラボレーション!?これがホントのダンジョンRPG


ドラクエシリーズ初の音ゲー!あなたはFF派?ドラクエ派?


ゴッドイーターシリーズ最新作。あとから完全版が出てくるなら次回からは…


デモンズソウルの恐怖再び…キミは死にゲーのストレスに打ち勝てるか?


Wii唯一?の名作RPGが3DSで!遊びごたえは抜群の作品!


もはや最後の王道RPGかもしれないゼノシリーズの最新作!


スパロボシリーズの最新作。このシリーズもいつまで続くんでしょうね?


前作の悪いところをきっちり直してきているはずなので良作の予感
検索フォーム
リンク
Apple-Style Plus
ApplePeople
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。