HOME   »  電子書籍
Tag | 電子書籍

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書籍の電子化による数字あれこれ

手持ちの本の電子化に本格的に取り組み始めたわけですが、どれから電子化する?と手持ちのコミックス、ラノベを調べてみたら、いろいろと分かってきた。

1.手持ちの最も古い本は24年モノ?
2.コミックス約1000冊、ラノベ約200冊、その重さは?

1.手持ちの本で一番古いと思われる本は『ロードス島戦記』でした。

20120522-1

初版は昭和63年4月10日。私の持ってるのは第八版で平成元年2月20日。
今が平成24年なので、この本は24歳・・・さすがに紙がクタクタです。
私が書籍の電子化を進めたい!と思ったのも、この本がもう限界を迎えそうなので(簡単に破けるので)、それをなんとかしたい!っていうのがきっかけでした。
ただ、本がすごく日焼けしているので、これをキレイに電子化するには腕を磨かないといけないと思うので、実際に作業に入るのはもうちょっと後かな。

20120522-2

他にも古い目の本が何冊かあって、3×3EYESは初版1988年10月17日なので・・・約24年前って、これもロードス島戦記と同い年!?(^◇^;)
こっちは日焼けこそしてるけれど紙がしっかりしてるから、もっと新しいと思ってたよ・・・

20120522-3

次はおなじみドラゴンボール。初版は1985年9月15日!?とはいえ、これは27版で1988年8月15日・・・
あれ?また24年前だよ??(・∀・)

当たり前ですが、まったく意識していないのに、こんなに24年前に出版された本が複数あるとは思っていませんでしたw
(24年前なんて自分でコミックスとか買えなかったですしね)


20120522-4

ちなみに今でも現役で連載、テレビ放送されてるので感覚がおかしいですが、名探偵コナンも初版は1994年7月15日なので、今年で18年と意外と古いです。
コミックスも75巻ですからね(・∀・)


2.この際ついでに所持本リストを作ってみると、コミックス約1000冊、ラノベ約200冊という結果に。
これは私が記憶している本の保管場所をあさった結果で、記憶から削除されてる場所にまだ眠ってる可能性はあります・・・

最近親にも言われていたんですが、私の部屋がすごく重くなっていて、床がたわむというか、ちょっと歪みが生じてて音が出やすい状態になってるんじゃないか?と。
重量物はいろいろあるけれど、本に絞って考えてみると・・・

・コミックス、ラノベの計1200冊のうち、2/3が自分の部屋にある→つまり約800冊保管されている。
・標準サイズのコミックス1冊が約200gだったので、平均値に設定
・計算すると・・・800冊×200g = 160,000g つまり160kg

うわw そりゃ重い!
これに本棚とか、今回含めていないプログラミングとかのお勉強の本、ゲームの攻略本の重量が別途加わるから、本関係だけでどれだけになるんだ!?
そりゃ、部屋に歪みができてるかもって言われるわけだ(^◇^;)

っと、言うわけで私の部屋の負担を減らすためにも紙の本をどんどん電子化しなければ!!
正直、こんな重量になってるとは思わなかったぞ!!


PS.
友達と話しているときに「一生懸命1冊1冊電子化するんじゃなくて、電子書籍版を買ったら?本もブックオフとかで売れば多少はお金になって返ってくるし」と言うことを言われたけれど、う~ん、実際のところどうなんでしょうね?
電子化されてないものもあるし、正直日焼けした本をブックオフに持っていっても安く買いたたかれるのがオチであまりお金にならない気も・・・


PS2.
今回リストを作ってて気づいたけれど、行方不明になってる本がすごく多い!
いや、かつて本があまりにも多すぎて300冊くらいブックオフで売った記憶があるんだけれど、魔方陣グルグルとか好きな作品は売らずに置いておいたはずなんだけどな・・・
少なくとも今回私が覚えている範囲で捜索活動をしたけれど見つかりませんでした。
ちょっとショック。


最後に・・・
やばい、3×3EYESを最初から最後まで一気読みしたい欲求が・・・そんなことしてたら手が動かないよ・・・
スポンサーサイト

初めての自炊(書籍電子化)

ScanSnapも手に入ったことだし念願の書籍の電子化をやろう!
っと、言うことでこの週末に挑戦してみました!

20120520-1

今回の対象はMacFan。
あとで読もうと去年の9月からバックナンバーがずっと揃ってたわけですが(笑)、さすがに幅をとって邪魔になってきた。
けど、Mac初心者の私にとって知らないこともたくさん載ってるので単純に古紙回収で出すのはもったいない、と電子化のテストをするにはもってこいですw

20120520-2

さっそく私が持ってる裁断機で切断・・・
なかなか切断ラインを見極めるのに時間がかかりました・・・
カットラインが表示できると書いてあるけど、全然分からないし、背表紙の分だけ奥に差し込むからA5、B6の目安ラインに合わせるわけにもいかず(^◇^;)
何回かメモ帳を切って感覚を掴んでから裁断してみました。

ちなみにこの裁断機は150~180枚を一気に切断できるので、MacFanならそのまま切断できます。
(MacFanは110枚前後の雑誌なので。てかページ数にすると300枚~360枚だから、かなりの本を一気に裁断できるかw)

20120520-3

っと、言うわけで苦もなく本体と背表紙の分離に成功しました。
この背表紙部分はこのままゴミ箱行きです(´・ω・`)

20120520-4 20120520-5

基本的には左のように雑誌はバラバラになっているけれど、あまり背表紙ののり付けされている部分ギリギリを攻めると、こんな感じで切り分けられていないページがところどころあります。
こういうのはスキャン時の詰まりの原因になるので、しっかりチェックしましょう!
ちなみにチェック時に紙と紙を1回はがすようにしてチェックすることで、間に空気が入り、重送予防にもなるので雑誌をスキャンするときはやっておくといいです。

20120520-6

さぁ、ScanSnapにセットしてスキャン開始です。
このとき、表紙部分の硬い紙と記事部分の柔らかい紙は分けてスキャンする方が無難です。
あと、一気に50枚セットできるからといって、雑誌のようなペラペラなカラーの紙はその重みで重送を引き起こしやすくなるのでほどほどにしておいた方がよいです。

20120520-7

設定は300dpiで十分ですね。
1回600dpiも試してみたけれど、iPadで見る限りでは気になるほどの違いもなく、容量が4倍近く違うので300dpiを選択しました。
ちなみに自動向き補正とか傾き補正は間違って補正されることが多かったので切ってます。

20120520-8

ちゃんと継続読み取りができるので、読み込むものがなくなったら次の紙をセットし、さらに読み込み・・・
っという作業を延々続ければOK。
まぁ、重なり検知やら詰まりやらが起きて大変なので、ニンゲン様はちゃんとScanSnapの近くにいましょうw
いや、チェック漏れで2枚の紙が繋がったままだったり、中で二つ折りにされてる巨大広告のページに気づかずにスキャンすると、そこで事故が起こるので(^◇^;)

20120520-9

はい、これでMacFan一冊分のスキャンデータのPDFファイルができました。
1冊でだいたい30分近くかかっただろうか・・・
慣れてくればもう少し早くできると思うけれど、意外と時間がかかりました。

20120520-10

あとはiTunesを使ってiPadにPDFデータを転送~。
私はComicGlassを使っていますが、i文庫HDとか好きな電子書籍リーダーアプリを使えばいいと思います。
ちなみにMacFan1冊分で約200MBあるので、iPadの容量次第ではそんなにたくさん入れることはできないかも?
まぁ、これはカラーページの雑誌だからだよね。
白黒がほとんどのコミックスの場合はきっともっと小さい容量になると思います。

個人的にはNASから直接書籍データを読み込んでオンラインで本が読めるアプリがあればいいんだけどなぁ。
もしかして手持ちのアプリですでにそんなことができる機能があったりして・・・

20120520-11

iPadに表示されてみましたが、さっきも触れたとおり300dpiで問題ありません。
少なくともiPad2012では拡大しなくても小さな文字を読むことができました。
A4サイズの雑誌が問題ないんだから、コミックスはもっと問題ないだろう!

っと、言うわけで自炊の一連の作業が手持ちの道具ですべてできることが分かりました!
まだまだやっと入り口に立ったところだけれど、これからどんどん電子化して、部屋にある紙媒体の本を減らしていくぞ!!


PS.
何冊か取り込んでいると右端の方に若干色が変な感じにスキャンされている部分が見つかりました。
なんだろう?と思ってスキャン部分を見てみると・・・

20120520-12

雑誌に残っていたわずかの糊がここに付着して汚れてしまい、それでスキャンの色が変になっていたんですね。
こういう糊はほっとくと取れにくくなるので、スキャン作業が終わったらこの部分のチェックと、掃除をした方が良さそうですね。

ScanSnapを迎えるための準備

せっかくScanSnapが届いたのに箱の中に入ったままなんてもったいない!
体の調子もよくなったので、せめて設置だけでも終わらせましょう!ヽ(^0^)ノ

当然設置するのは作業用マシンとなっているMac miniのところ・・・

20120517-1

ごっちゃり (゜o゜;

うわ~、うわ~。無理矢理いろいろ置いてたらすんごい状況になってるよ(T-T)

\(・_\) 整理中 (/_・)/

20120517-2

( ̄ー+ ̄)どや

整理すればここまでキレイになるんだなぁ。
やればできるものだ。
ねんどろいどは結局この位置のまんまなんだな (・∀・)
みつみ美里、甘露樹のカレンダーの居場所ができたのも個人的には良かったかもw


さて、これで・・・

20120517-3

1.ScanSnapの設置よし!!


20120517-4

2.雑誌、コミックスの背表紙を裁断する裁断機よし!


20120517-5

3.電子化された書籍を保存、バックアップする外付けHDDよし!!
  (場合によってはBackblazeのバックアップ対象にもする)

これで書籍の電子化のための3種の神器の準備ができたぞ~~~!!


あとは実際に電子化作業のテストを・・・っと思ったけど、それは週末にしましょう。


私の部屋からたくさんの紙の雑誌、コミックスがこれで徐々に減っていくかな?w

電子書籍界に黒船くるか!?

いきなり大きなニュースがやってきましたね!

Amazonが年内に電子書籍を日本で販売するため大手出版社とも交渉中
http://gigazine.net/news/20111020_kindle_for_japan/



iPadが発売されたときにやってくると言われながらも結局やってこなかったもの。
それが電子書籍

本当はアップルがもう少し力を入れて推進してくるかな?って思ってたんだけれど、iBooksのstoreを見てみると・・・

20111020-1

全部で19,276冊分の電子書籍があるけれど、日本語の書籍はゼロ!
有料/無料の区分がないので、もしかしたらすべて版権が切れた or もともと無料配布の書籍かもしれませんね。
こんな状態では日本で電子書籍が普及するわけがない。

う~ん、電子書籍を販売しようと思ったらサーバー管理とか新たに運営が難しく、設備投資や維持費が必要だから手を出したくないのかな?
それとも巷で言われるように利権関係が複雑で、既存の書籍を電子書籍化して売ることができないってやつだろうか?

そんなうまく行っていない日本でAmazonが電子書籍販売のために大手出版社と交渉していると報道されたら期待しないわけにはいかないですね!
講談社、小学館、集英社、新潮社だから、実現すれば主要人気漫画や雑誌の電子書籍がAmazon経由で買える・・・
紙で買うよりも安かったらいいかもしれない!!

ただ気になるのは購入できる端末が何になるか?
間違いなくAmazon kindle Fireは対応するでしょう。
問題はiPadだ。
AppleはiPadから電子書籍を購入できるアプリを提供する場合、売り上げの2割(だっけ?)を差し出さないといけない。
出版社はこれを嫌って、全然電子書籍を出してこないって話だ。
う~ん、AmazonのWebサイトで電子書籍を買ったらPDFもしくはePub形式でデータがダウンロードできて、
それを自分でiPadにインストールできるようにする?
(iTunesでiBookSの中に書籍データを追加する形で)
だけれど、それをするとデータのコピーが出回ってしまう可能性が高いからダメか。

そうなるとこの恩恵をiPadユーザが受けられるか、ちょっと心配ですね^^;
この2割をAmazonが負担してくれて、出版社側では収益に関するデメリットがほとんどなし。
Amazonは電子書籍に、この本の紙版を買うならAmazonでってリンク付ページをつけることで買い物需要を引き出す。
こんな感じのビジネスモデルが成立したら。。。iPadでも電子書籍を十二分に楽しめる可能性があるかもしれませんね!

自炊(本の電子化)生活に向けて

iPadが発売されたとき、これが電子書籍普及元年だと言われながらも結局こなかった電子書籍ブーム。
とはいえ紙媒体を電子化して保存し、限りある部屋のスペースを広げるというのは魅力的。
っと、言うことで、私の持ってる大量のコミックス(漫画)を電子化するためには何が必要なのか考えてみた。

1.ペーパーカッター(裁断機)


一般的に本は背表紙の部分でのり付けされているので、この部分をばっさり切り取って本文の書かれた部分と背表紙を分離しないといけない。
お金をほとんどかけずに・・・っと言うんだったら、金尺(金属物差)とカッターで切り取るって手があるけれど、カッターがずれてあらぬところを切っちゃうこともしばしば。
仮にうまくカッターが扱えても1冊200ページのコミックスを何十冊も切り分けるために何回カッターで切らないといけないか・・・考えたくないです・・・

こんなときに出てくるのがペーパーカッター!
20110806-1
たぶんすぐに思いつくのはこのタイプのものじゃないだろうか?
よく学校や会社にありますね。
カッターで切るよりも楽に裁断できるんだけれど、このタイプはコミックスの裁断には不向き。
一番の理由は1回に10~20枚程度の紙じゃないときれいに切れないから!
刃が斜めに入るため、紙が多いと切るのにすごい力が必要になるわ、上の方の紙がズレるわで大惨事に!
コミックスが200ページくらいだから10等分くらい事前にカッターで切り分けるという手間が必要になるのもマイナスポイントです。

20110806-2

っと言うことで本の裁断に適してるのはこのタイプのペーパーカッター!
ハンドルを下に押すと刃が垂直に降りてきて、縦にまっすぐ紙を切ることができるから切れる枚数が比較的多い!
コミックスなら切り分けせずに一気に切れるんじゃないだろうか?
ただしこのタイプは高いものがほとんどなので、なかなか手が出しにくいかも・・・
あとこのハンドルがけっこう邪魔で収納しにくいのが欠点^^;

2.ドキュメントスキャナ


本を切り分けたら次は本の電子化作業ってことでスキャナの出番。
当然ながら普通のスキャナでスキャンしてたら時間がいくらあっても足りないので必要なのは両面スキャンと用紙送り機能がついたドキュメントスキャナ!
20110806-3
一番有名なのはScanSnapですね。
自炊してる人の多くが使ってるので必要な機能は全部そろった安心の一品です。

ちなみに私が使ってみたいのはこれ。
20110806-4
CanonのimageFORMULA。
このドキュメントスキャナの特徴は上から読み込んだ紙が正面のトレイに出るんじゃなくて、Uターンして下から出てきてスキャナ本体にもたれかかるように紙がたまるから、省スペースでスキャンし終わった後片付けも楽ちんなのがポイント。

ただはっきり言って普通に紙をスキャンして画像ファイルやPDFファイルにするだけなら、どのメーカでも大差ないです。用紙送りローラーの交換費の違いとかランニングコストで若干の差はあるだろうけど、断然これがいい!ってのがないのがドキュメントスキャナの世界。
自炊を意識した製品が今後出てきて欲しいところです。
例えば背表紙を切らなくても、自動で紙をめくってキレイにスキャンしてくれるスキャナーとかねw

3.広いスペース


自炊作業はけっこう広い作業スペースが必要です。
いくらコンパクトだとはいえペーパーカッターは大きくて重さもあり、ドキュメントスキャナもそこそこの大きさがあります。
どこで作業するのか?使わないときはどこに保管するのか?買ってから困らないように、あらかじめ考えてスペースを空けておきましょう。
これ大事。ホントに大事

ちなみに本格的な自炊生活を始めるために必要なコストは
ペーパーカッター:1万~4万円
ドキュメントスキャナ:4万~5万円
ってことで、少なくとも5万円以上はかかると思っておかないといけません。

5万円で大量の紙媒体の本が家からなくなり、iPadのような電子書籍リーダーでいつでも好きなときに本を取り出して読める生活が得られると考えたら・・・アリかもしれませんね。
ほとんど読まないはダンボールの中に入ってたり、床下収納に眠ってもらってたりするので、これらがいつでも好きなときに読めるのはメリット高いかも。
あと手持ちの本だとロードス島戦記(初版1988年)みたいな古い本は茶色になって紙の状態も悪いので、電子アーカイブとして保管するって意味も含めたら・・・

はっ!なんだか自分の考えを一生懸命肯定しようと考えを巡らし始めてたけど、1回本格的に検討してみてもいいかもしれませんね。

PS.
今回のように紙を裁断して電子化する方法だと、もうその本は古本屋で売れるものにはなりません。
古紙回収などで処分するしかないのであしからず。


  

ペーパーカッターの価格差ありすぎでしょ^^;
これだけ差があるとちょっとの手間くらい自分でやるよって安い方を選んじゃいますよね。

 

ドキュメントスキャナは性能面での大きな差がないように、価格差もそこまで大きくないですね。
どっちを選ぶか逆に悩みそうですが。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

otika

Author:otika
名前:otika
出身地:京都
自己紹介:
しがない企業のプログラマー。
ゲーム、ガジェット好きなので、それ関係のお話をメインに書いていきます。

【持ってるガジェットたち】
*iPhone4
*iPad2
*Macbook Air
*Dynabook Qosmio FX77G
*TimeCapsule

*PSP-3000
*PSP-3000 ハンターズモデル
*PSP go
*3DS
*DSi LL
*DS lite

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
記事リスト
(工事中)ユーザタグの記事リスト
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
購入予定のゲーム

やっとPS4が活躍するソフトが出る!期待が膨らみます


まさかのコラボレーション!?これがホントのダンジョンRPG


ドラクエシリーズ初の音ゲー!あなたはFF派?ドラクエ派?


ゴッドイーターシリーズ最新作。あとから完全版が出てくるなら次回からは…


デモンズソウルの恐怖再び…キミは死にゲーのストレスに打ち勝てるか?


Wii唯一?の名作RPGが3DSで!遊びごたえは抜群の作品!


もはや最後の王道RPGかもしれないゼノシリーズの最新作!


スパロボシリーズの最新作。このシリーズもいつまで続くんでしょうね?


前作の悪いところをきっちり直してきているはずなので良作の予感
検索フォーム
リンク
Apple-Style Plus
ApplePeople
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。