HOME   »  妄想エンジニアリング
Tag | 妄想エンジニアリング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想エンジニアリング:スマホを子機に

このカテゴリもものすごく久しぶりに書くな・・・

今回のお話は
「自分のスマートフォンが家の電話の子機にならないか?」
っと言うこと。


実家の一軒家に住んでて困る(?)ことは、自分の部屋にいると家の電話に出られないこと。
・部屋の音があまり漏れないようにドアを閉めていると電話が鳴ってることに気づきにくい
・気づいてから電話のところに行くと留守録設定の方が先に動いて電話に出る前に切れてしまう
この二つが主な理由です。

一番簡単な解決策は家の電話の子機を増設し、自分の部屋かすぐ近くに置いておくことだけれど、子機もそんなに安くない。
買い換え頻度が高いわけじゃないけれど、親機を変えたら子機も全部変えないといけないし、古い機種だと今から子機だけ欲しいと言っても手に入らない可能性がある。

それなら今では一人1台のレベルで持っているスマートフォンで家の電話が出ることができるハッピーなのでは?

スマホの家電話の子機化は簡単そうに見えて実は難しい・・・
そもそも家電話の子機がなぜ繋がるのかと言うと、
1.着信すると親機から短距離しか届かない弱い電波を発信する(ミニ携帯基地局のイメージ)
2.電波には親機のIDが含まれており、電波を受信した子機はIDを読んで自分の親機からのものか判断する
3.自分の親機からの場合、着信ベルを鳴らし、通話ボタンが押されたら音声通信を始める
※親機から発信する電波の周波数はメーカーにより異なる


つまりスマホで家電話の親機からの通信を受信するためには
・子機用の受信アンテナ、しかも各メーカの周波数帯を全部受信できるものをスマホに搭載しなければいけない
・親機のIDを登録しなければいけない
・ダブルナンバーと同等の回路を組まなければいけない
でしょうか。(実際にはもう少し難しい問題はあると思うけど)
一番の難点はやっぱり専用のアンテナですね。
だって、これまで発売されたスマホにはアンテナなんてないので使えません、じゃ全然便利にならない。

ではどういう方法が実現的か?
「親機をホームネットワークに繋ぎ、アプリごしにIP電話として受信する!」

これのメリットは
・SkypeのようなIP電話の仕組みを使えば良いので既存のスマホでも使える
・ホームネットワークの閉じたネット内だけ通じるので、家のLANに接続するだけでペアリングが完了する
・(ほとんどないが) 親機の電波が届かないところでもLANなら構築の仕方によっては通じる
・親機から遠くても無線LANのアンテナに近ければ音質の低下が起こりにくい
・家の電話を受信したい、したくないをアプリの起動/停止で簡単に切り替えできる
・親機のメーカを気にせず受信できる可能性がある

デメリットは
・親機に有線/無線LANのユニットを追加し、簡易サーバ機能を追加しないといけないのでコストがあがる
・ホームネットワークを構築していないと使えない
・メーカ統一規格を作らないといけない

っとあるけれど、個人的にはメリットの方が大きいんじゃないかなぁ。
(案を言うだけで投げっぱなしw)

最近は携帯電話しか持っていない人もいるって話があるけれど、それも若い世代でしかも単身世帯の話なので
きっと需要があると思うんだけれど・・・どうですか?

スポンサーサイト

気になる防災ラジオ

20120120-1

ソニー、スマホにも充電可能な非常用手回しラジオ -手回し5分で3分通話。LEDライト付き
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20120119_505471.html




昨年の東日本大震災のときにソニーが被災地に送ったことで一気に注目が集まり、あっという間に品切れになった
防災ラジオの後継機がもうすぐ出るそうです。

阪神淡路大震災を経験してから17年。
すっかり防災意識が薄れていたところに去年の東日本大震災が起こりました。
そうなると手持ちの防災グッズ、例えば懐中電灯とかがちゃんとつくかどうか気になりますよね。
そしてまったくつかない・・・てか、そもそも単1電池4本がないって状況に気づくという^^;

おそらくそういった家庭がたくさんあったんでしょう。
去年の夏ぐらいまで、こういった手回し充電対応のライト付ラジオがいろんな種類発売され、
出せばすぐに売り切れるていましたねw

それにしても個人的に気になるのは、こういう防災ラジオは今後どういった進化をたどっていくんだろうか?ということ。
さすがにスマートフォンやテレビといった毎年大量に購入される製品ではないので、その進化のスピードは
非常にゆっくりなものだけれど、それでも着実な変化をしている。

例えば
・乾電池が単1電池複数本から単4電池2本で長時間動くように
・ライトがLED化し、明るくなったのに省電力に
・携帯電話、スマートフォンを充電できるように
分かりやすい部分だとこんな感じだ。

ここからさらに進化するとしたらどんな変化、新しい機能が加わるだろうか?
ついついスマートフォン的な便利機能を追加したくなるけれど、たぶんそれは製品の性質を考えると間違いだろう。
この防災ラジオが活躍する状況下で求められることは何か・・・
充電方法が手回しじゃなくて太陽電池になるくらいは今でもあるので面白くない。
(考え中・・・)
そうだ!『アドホックネットワークを使ったローカル伝言板』なんてどうだろうか?

アドホックネットワークって言われても分からない人もいるかもしれないので簡単に紹介すると
20120120-2
こんな感じでデバイス同士が伝言ゲームのように通信を行う方式のことを言います。

これを防災ラジオでやってやろうってわけです。
例えば
防災ラジオに簡易的なボイスレコーダーを追加して、それにボイスメモを登録する。
そしてそのボイスメモを通信範囲圏内のアドホックネットワークの中継機(送受信機)に飛ばしていく。
ボイスメモを受信したラジオはそのボイスメモを再生し、そのボイスメモを別のラジオに送信する。

もし、これがうまく機能したら
「○○家みんな無事です」「○○です、誰か助けて」「○○にはライフラインあるので来てください」みたいな
ローカルの災害状況をみんなで共有できていいと思うんですけどね。

さらにアドホックネットワークをどんどん遠くまで繋げていくことができれば、無事な地域まで繋がり、
救出活動がはかどるかもしれない。


ちなみにこれが機能するためにはたくさん数が出ないといけないわけですが、それは企業的には望むところ。
大量に販売できたらそれだけ儲かるし、儲かるからこそ企業もこういう製品を作ってくれるわけだしね。


自分の仕事でもこんな感じで、使う人にとって便利になり、さらに大量に販売できるような製品の案が思いつけばいいんだけどなぁw
うまくいかないものですw



      

新しいMacって?

ちょっと旬が過ぎちゃいましたが、先日こんな話題が出てきました。

Apple、年内に新しいMacを発表する計画?
http://www.macotakara.jp/blog/index.php?ID=13851
アジアのサプライヤーからの情報として、Appleは、現在の製品ラインアップとは違う、まったく新しいMacを年内に発表する計画を進めていようです。



個人的に欲しいMacはカスタマイズがしやすいデスクトップMacですね。
Mac miniとiMacの現モデルはHDDの交換すら厳しいし、GPUの追加・変更なんて夢のまた夢だし、Mac Proはカスタマイズの幅は広いけれどプロ用すぎて一般人向きな基本構成じゃないし、なんと言ってもバカ高い!
なのでMac Generalって感じのがあればうれしいんだけど、さすがにこれは“現在の製品ラインアップとは違う”とは言えないよね^^;

じゃ、いったいどんなMacが投入されるのか?
ずばり“Mac Board”!
iPadライクなMacです!

そう思う理由は以下の通り。
1.早すぎる高解像度ディスプレイ搭載版iPad3が出る報道
iPad2が3月末に発売されたけれど、その直前からiPad3が今年の秋に発売って報道が出るのはあまりにも不自然だ。
Macbook Airが約9ヶ月でアップデートしたけれど、さすがに半年ちょっとでiPadが世代チェンジするとは考えにくい。
つまり、iPadの部品にしか見えないものを使った何かが出るって言うことを意味する??

2.解像度2048×1536と高解像度過ぎるディスプレイ
ユーザからしたら解像度が高ければ高いほどキレイな絵を表示できてうれしいけれど、デベロッパーからするとiPadに搭載するには画像が大きすぎてプログラムの処理がいっぱいいっぱい疑惑が。
要するにそれだけの表示エリアを処理するにはCPUが非力なんじゃないか?
噂では次のCPUはデュアルコアになるらしいので、もしかしたらパワーが足りるようになるのかもしれないけれど、秋発売だと既存のCore-iのCPUを使うのでは?
Core-iシリーズがのるiPadは考えにくいので、それはやはり・・・

3.WWDC2011のとき、こんな話がありました。
『iPadは画面を触ってマルチタッチのジェスチャー操作をしています。
 Macbookでも画面を触ってジェスチャーするのか?
 いえいえそんなことはしません』
 Mac OS X Lionは画面をタッチして操作することもできそうなユーザインタフェースを持っているのに、Macbookを含む既存のMacはトラックパッドを使うしかジェスチャー操作をすることができない。
 なら新しいMacは画面を触って操作するMac、つまりiPadライクなMacが出るんじゃないか!?

ただし、ここまでならさっきから言ってるとおり“iPadライク”なMacであってまったく新しいラインナップと言うにはちょっと疑問。
だけれど、こんなキーボードDockケースが公式に出てきたら?



キーボードDockにつなげれば一見するとMacbookAir、Dockから外せばiPadっぽくなるMac。
iCloudが本格運用が開始された秋に出てくると噂されるモノ、絶対親和性の高いMacが出てくるはず。
そしてそんなMacは上のようなものじゃないかなぁ。

けどアップルのことだから、もっと斬新なモデルのMacが出てくるんだろうなw

地デジ化の準備はお済みですか?

もうみんな知ってますね!
7月24日がアナログ放送を見れる期限で、それ以降は地デジ対応チューナーがついたものじゃないとテレビが見れません!
ま、そんなことここを見る人はみんな分かってて、ギリギリまでアナログで攻めてやる!ってチャレンジャー以外は地デジ対応テレビに買い替えてますよね。

では車載テレビや車のカーナビのテレビは地デジ化してますか?

私はほとんど車に乗らない(てか家族の車しかない)から全然気にしてなかったけど、けっこうアナログテレビのままって人多いんじゃないだろうか?
だって、車載カメラって簡単に交換できないのに車って買い替えサイクル長いじゃないですか。
7月24日が過ぎたら車の中でテレビが見れなくなる人多いんじゃないかな。
もちろん外付けのテレビを買えばまた見れるようになるんだけど、カーナビとしては使えるものがついてるから、車の中にモニタが2個って…なんだかなぁ。

てかね、個人的には車にテレビがついてるのは賛否両論持ってます。
車の中でテレビって情報媒体が見れるのは助手席や後ろの席にいる人にとってはいい時間つぶしになっていいんだけど、運転手がテレビに見入って信号が変わっても全然発進しない人が多いくてすごい迷惑!
たしか注視義務違反とかで違反になるはずんだけど、スピード違反と同じような感じで運が悪くないと、なかなか取り締まられないものになってるから、実際のところ違反者が道路上にゴロゴロいるのが現状。

テレビが見られない人が増えればこれが減るんだろうか…
いやいや、そんな後ろ向きなことじゃダメだ。やっぱここは技術の力で乗り越えないと!

問題は「運転手が」ナビ(テレビ)に「注視し」信号が変わったことに「気づかない」ことだ。

1.気づかないなら気づかせてあげればいい!
信号の状態を示すものが信号から指向性の電波として出てて車はそれを受信し、信号が青なのに動いていなければ、車から音などでドライバーに知らせてくれる機能をつける!
いや、これだと渋滞とか1車線で右折待ちの車がいるために止まっててもお知らせ機能が働いてしまってうざい。
じゃ、これに前方に障害物がないのに止まってるって条件を付加してみよう。
うん、なんとかなるかも?けど、なんかこのお知らせ機能って方向性が間違ってるようなぁ…だってそもそもカーナビに注視することが問題なのに、それを容認してるってダメだろう。

2.正面以外の方向に注視するのが悪いんだから、正面を向くようにしむければいい!
やっぱり行き着く先はここでしょう。
20110706-1
フロントガラスにカーナビ情報を表示する!しかもAR(拡張現実)で!
いや、もちろんフロントガラスにこんなにごちゃごちゃ情報を出されたら困るから、実際はもっと必要最低限の情報で、しかも半透明で表示の向こうの現実世界が透けて見えてないとダメだよ^^;
人間の目って正面のものに注視してても、周辺視野は動きとか変化に敏感だから、たとえナビ情報に注視してても、正面さえ向いていれば信号が変わったりまわりの車が動くと気づけるはず!

もう何年も前からこの技術については話されてるけれど、実用化はまだ先なのかなぁ。
いきなり攻殻機動隊の世界のようなARがくるとは思わないけれど、2011年だし、そろそろAR技術も一般的になればいいのに。そうすれば、なんか未来にきたって感じしませんか?

・・・・

なんか気づいたら最初の話出しと全然方向性が違う話になってしまったな^^;たまにはいいか

スマートフォン+タブレットのハイブリット

「Asus Padfone 発表、スマートフォンとタブレットの合体ハイブリッド」
http://japanese.engadget.com/2011/05/30/asus-padfone/

20110530-1

要するにスマートフォンにプロセッサやメモリといったコア部品をつめ、拡張パーツと合体させることでタブレットにしてしまったという製品。

これ、すごくいい発想かもしれない。この記事にも書いてあるけれど、スマートフォンの回線がそのままタブレットで使うことができるし、データやアプリをスマートフォンとタブレットで別々に管理する必要がないってメリットが大きい!

自分の生活で考えてみても、外ではiPhoneを家ではiPadと棲み分けができていて、同時に使いたいってケースはほぼない。iPhoneアプリをiPadで動かすとちょっと不細工だから、そのときは家でもiPhoneを使うけど、そのときはiPad使わないし。

っというわけで

iPhone+iPadのハイブリッドを考えてみた


知っての通り、iPhone4にはiPad(初代)と同じプロセッサA4が入ってて、メモリはiPadよりも多い512MB、さらに解像度はiPadの1024X768に近い960X640を出力してるので、iPhone4がiPadのコア代わりになることが可能なのでは?
iPhone側にプロセッサ、グラフィック、通信部とすべての要素が入ってるので、iPad側はバッテリとiPad専用アプリを保存するための記憶領域を持たせてやると、すごく楽しいことにならない?
・iPhoneアプリで遊んでいたゲームのデータが家のiPadDock(勝手に命名)と合体すると大きな画面で続きを遊ぶことができる。
・iPhoneで撮った写真をデータ移行なしでiPadの大きな画面でプレビューできる
・電子書籍をiPhoneで読もうがiPadで読もうが、しおりがズレない
・アプリのアドオン買い直しをする手間がない
とメリットをあげたらどんどん出てきそう。

搭載するならこんな感じでホームボタン共有で合体?それともAsus Padfoneみたいに内蔵だろうか?
20100530-2

ただデメリットも・・・


このハイブリッドタイプはすごく良さそうだけど、一つ大きな問題が・・・
「iPadDockの厚さが絶対にiPhoneの厚さ以上になる!」
せっかくiPad2でiPhone4よりも薄いサイズを実現し、重さも軽くしたのに台無しになる危険性が高い。
次のiPhone4S/5でiPod touchクラスの薄さ、軽さになればもしや?
「ユニボディは生きるのか?」
アルミ削り出しのこのiPadにiPhoneを入れる大穴開けるの?合体した後ろ姿がキレイな一枚ものじゃなくなるのは・・・Macユーザとしては美しくないってことでNGかもしれないな^^;
けど、Appleなら合体しても美しいデザインができるんじゃないか?

妄想すればするほどiPhoneユーザ向けのiPad化Dock欲しくなってきたなぁ。回線を複数契約するのはしんどいからiPadはWiFi版を選んでるだけで、iPadで3G通信が使いたいですよ!
WiMAXルータがあるとはいえ、たくさんガジェットを持ち歩くより、1個にまとめていく方がスマートで私はすごくうれしいです。
Appleさん、検討してくれないでしょうか?
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

otika

Author:otika
名前:otika
出身地:京都
自己紹介:
しがない企業のプログラマー。
ゲーム、ガジェット好きなので、それ関係のお話をメインに書いていきます。

【持ってるガジェットたち】
*iPhone4
*iPad2
*Macbook Air
*Dynabook Qosmio FX77G
*TimeCapsule

*PSP-3000
*PSP-3000 ハンターズモデル
*PSP go
*3DS
*DSi LL
*DS lite

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
記事リスト
(工事中)ユーザタグの記事リスト
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
購入予定のゲーム

やっとPS4が活躍するソフトが出る!期待が膨らみます


まさかのコラボレーション!?これがホントのダンジョンRPG


ドラクエシリーズ初の音ゲー!あなたはFF派?ドラクエ派?


ゴッドイーターシリーズ最新作。あとから完全版が出てくるなら次回からは…


デモンズソウルの恐怖再び…キミは死にゲーのストレスに打ち勝てるか?


Wii唯一?の名作RPGが3DSで!遊びごたえは抜群の作品!


もはや最後の王道RPGかもしれないゼノシリーズの最新作!


スパロボシリーズの最新作。このシリーズもいつまで続くんでしょうね?


前作の悪いところをきっちり直してきているはずなので良作の予感
検索フォーム
リンク
Apple-Style Plus
ApplePeople
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。